初めてのオーダースーツ 狙いは安心の紳士服メーカー新年から取り入れたいトレンドアイテム(下)

大手の紳士服メーカーが手掛けるオーダースーツを紹介する
大手の紳士服メーカーが手掛けるオーダースーツを紹介する

新年を迎え、去年とは違うことにチャレンジしたい。そんな人に向けて、この特集では2020年に取り入れたい話題のアイテムを3回にわたって紹介する。「関心はあるけれど、何を選んでいいか自信がない」という人向けに、初めてでも失敗のない、そのジャンルの良さを実感できる製品をセレクトしている。

「ビジネスリュック」「アナログ文字盤のスマホ連携ウオッチ」に続いて取り上げるのは、昨今注目度が増している「オーダースーツ」。以前は高額だったオーダースーツが既製服と同等の価格で購入できるようになり、また納期も短くなったため需要が高まっている。そんなオーダースーツに初めて挑戦するなら、慣れ親しんだ紳士服メーカーが安心だろう。自分の体にフィットしたスーツは価格以上に見栄えがいい。新年はぜひともオーダースーツを取り入れたい。

手ごろな価格で店舗数も多い/青山商事

クオリティオーダー・SHITATE「オーダースーツ」(価格3万9000円、税別※以下同)

青山商事が2019年10月からスタートしたオーダースーツブランドが「クオリティオーダー・SHITATE(シタテ)」。導入後1カ月間の売上高が計画比の約2倍となるほどの人気で、現在は「洋服の青山」の49店舗、「ザ・スーツカンパニー」の51店舗で展開されている(2020年1月15日現在)。

反響が大きな理由として、手ごろな価格設定と、いつも利用する店で気軽に注文できる点が挙げられる。価格は2万9000~7万9000円とハードルが低く、初めてオーダースーツに挑戦するのにも手ごろな設定で、フレッシャーズなどのスーツ入門者も利用しやすい。

初回のオーダーは店舗での採寸が必須だが、2回目以降はウェブでオーダー可能。スリムとベーシックの2スタイル、全56種類のサイズが展開されており、身長150~195センチ、ウエスト68~127センチに対応する。

MONO TRENDY連載記事一覧