悩みループとお別れ 僧侶が説くシンプル思考のススメ

日経ウーマン

「モヤモヤ思考」を手放すには妄想を断ち切るのが大事(写真はイメージ=PIXTA)
「モヤモヤ思考」を手放すには妄想を断ち切るのが大事(写真はイメージ=PIXTA)
日経ウーマン

悩みのループから抜け出せず、心が常にモヤモヤ気味。そんな人は、「ブッダの合理的な思考」を取り入れてみてはいかが? 僧侶の草薙龍瞬さんが、シンプル思考のメソッドをレクチャーします。

正しい心の反応で悩みが大幅に減る

仕事の悩みや対人ストレス、将来への不安や迷い…さまざまな雑念が頭の中を行ったり来たり。読者アンケートでは、とりわけ人間関係に疲弊する女性たちの姿が浮き彫りに。シンプルとは正反対の「モヤモヤ思考」を手放すには?

「悩みの原因は、心が『ムダな反応』をしてしまうこと」と説くのは、僧侶の草薙龍瞬さん。目の前の出来事に対し、心が動く=反応するのは自然なこと。しかし、「人はみな“心の癖”があります。他人の評価を気にするとか落ち込みやすいとか。その癖をもって反応することで、怒りや不安、自責などのムダな反応が生まれます」という。

「ムダな反応を生むもう一つの原因が『妄想』です。考えすぎること。妄想するから、ストレスも過去も不安もプレッシャーも、どこまでもついてくる。妄想をやめれば『今』だけになり、驚くほど身軽になります」。

妄想モードにピリオドを打つには、2段階のステップが有効。「まずは、(1)『今、自分はムダな反応をしている』と気づくこと。(2)その上で『正しい目的は何?』と考えて、目的をかなえるための考え方に切り替えます。本来のブッダの思考法は、シンプルで合理的なんです」。後述するシンプル思考のレッスンにチャレンジしてみて。

■日経WOMAN読者が今、シンプルにしたい心、人間関係

「職場で相手にイライラしない距離感で過ごしたい」(44歳・福祉・ケアマネージャー)

「職場の男性職員に対しては何も思わないことでも、女性職員に対してはイラッとしたり、がっかりしたりすることがある。誰に対しても同じように感謝の気持ちを抱きたい」(38歳・教育・一般事務)

「他人としつこく付き合いたくない」(46歳・メーカー・一般事務)

「人間関係を真っさらにしたい」(36歳・メーカー・開発)

「友人、家族…面倒くさいので全部整理したい」(44歳・独立行政法人・一般事務)

「いつも物事を考えていて忙しいので、あまり考えず行動したいと思う。予定を立てるのが苦手で面倒に感じる」(41歳・商社・営業事務)

「カラッとした性格になりたい。ウジウジする時間がムダでばからしいと思ってしまう」(34歳・医療・臨床検査技師) 


「深く考えすぎない思考を持ちたい。SNSでのつながりもシンプルにしたい」(40歳・外食・サービス)
注目記事
次のページ
悩みをつくり出す正体は『心の反応』にあった