3万円超の極上デジモノ ドローン・GoProで感動体験予算別「極上デジモノ」3(3万円以上)

日経トレンディ

「Mavic Mini」の安定したホバリング。バッテリー1つで最大18分の駆動が可能だ
「Mavic Mini」の安定したホバリング。バッテリー1つで最大18分の駆動が可能だ
日経トレンディ

先端技術を使ったデジモノが相次いで登場。日経トレンディが1万円未満、3万円未満、3万円以上の予算別に、ありそうで無かった驚きの製品を集めた。一昨日の「1万~3万円台の商品」、昨日の「1万円以下の商品」に続いて「3万円以上の商品」を紹介する。

空中に「静止」する超軽量ドローン、映画のような撮影が可能

「Mavic Mini」(DJI JAPAN)
●実勢価格4万6200円(税込み)●サイズ/幅290×高さ55×奥行き245mm(展開時、プロペラあり)●重さ/199グラム●最大飛行可能時間/18分●カメラ画素数/1200万画素●フォーマット/JPEG(静止画)、MP4(動画)●バッテリー容量/2600mAh●専用アプリの対応OS/iOS(10.0以降)、Android(6.0以降)

「プロ仕様」の性能を持ちながら、極めて軽いカメラ付きドローン(小型無人機)「Mavic Mini」がDJI JAPANから発売された。人口集中地区や空港周辺などでの飛行を禁じる、いわゆる「ドローン規制」は200グラム以上の機体が対象だが、Mavic Miniは本体重量199グラムを実現。大型機よりも比較的扱いやすいモデルとして注目されている。

まず驚かされるのがその安定性だ。コントローラーに接続したスマホの離陸ボタンを押すと機体が浮き上がり、一定の高さでホバリング。多少の風があっても空中にぴたりと静止し、コントローラーの右レバーを前に倒せば滑るように前進する。2本のレバーを使うドローンの操縦に慣れる必要はあるが、浮き上がった機体が大きくふらつくことが無いので初心者でも安心して練習できそうだ。

4本の脚を畳むと手のひらサイズになる
後部からバッテリーやマイクロSDカードを入れる仕組み

カメラの映像はスマホにリアルタイムで転送される。コントローラーのボタンを押せば動画や静止画の撮影がスタート。ダイヤルを回せば飛行中でもカメラの上下の向きを変えられる。

圧倒されるのが動画や静止画のクオリティーの高さだ。動画の最大解像度は2.7Kで、ジンバル搭載カメラと相まって、高画質で滑らかな映像を記録できる。秀逸なのが「クイックショット」と呼ばれる自動撮影モード。被写体をカメラの中央に捉えたまま真上や斜め上空などに飛び、映画のようなダイナミックなシーンを撮影できる。

付属のコントローラーで操作。専用アプリを入れたiPhoneあるいはAndroidをケーブルで接続して使う
3軸ジンバルを搭載したカメラ。ぶれが少なく、滑らかな映像を撮影できる。静止画の最大解像度は4000×3000

ただ、軽量なドローンといえども、実際に飛ばせる場所は限られる。前述のクイックショットは、飛行半径が10メートル以上のものもあり、それなりに広い場所が必要。また、前後左右の障害物センサーは搭載されていないため、飛行中は周囲に十分気を配る必要がある。

4万円台半ばと値は張るが、「見たことが無い景色」をまるでプロのように撮影できるのは大きな魅力だ。

クイックショット撮影の一種である「ロケット」。Mavic Miniをホバリングさせアプリ画面から設定すると、被写体を中央に捉えながら真上に一気に飛び上がる

(注)200グラム未満の機体でも、小型無人機等飛行禁止法や公園での使用を禁ずる条例などにより飛行できないエリアがあるので注意

MONO TRENDY連載記事一覧
次のページ
500グラム切るモバイルプロジェクター、多彩なサービ
MONO TRENDY連載記事一覧