充電ノート・空中マウス…1万円以下の技ありデジモノ予算別「極上デジモノ」2(1万円以下)

日経トレンディ

日経トレンディ

AIアシスタント搭載サングラス、簡単に飛ばせるカメラ付きドローン……。先端技術を使ったデジモノが相次いで登場。日経トレンディでは1万円未満、3万円未満、3万円以上の予算別に、ありそうで無かった驚きの製品を集めた。昨日の「1万~3万円台の商品」に続いて「1万円以下の商品」を紹介する。

スマートディスプレーやワイヤレス充電に注目

1万円の予算があれば、自宅やスマホ環境を劇的に快適化できるガジェットを狙える。まず、家庭向けで注目したいのが、「スマートディスプレー」だ。人工知能(AI)に対応し、音声操作が可能なスマートスピーカーにディスプレーを付けた進化版。2019年に各社が投入しており、中でもアマゾンの「Echo Show 5」は税込みでも1万円を切る低価格が魅力だ。ニュース映像を見たり、動画配信サービスで映画を見たり、ビデオ通話ができたりと、利便性は高い。

スマホを強化するガジェットにも注目株がある。モバイルバッテリーが一般化し、最近ではワイヤレス充電に対応したものも目立つ。例えば「SY-106 充電ノート」(ソウイジャパン)は、バインダーにワイヤレス対応のモバイルバッテリーを組み込んだ新機軸のアイテムで、表紙にスマホを載せるだけで充電ができる。ケーブルを差す手間が不要なのは便利だ。

配信サービスの普及により、テレビではなくパソコンなどで動画を視聴する人も増えつつある。そんな用途に適するのが、平らな場所が無くても使えるマウス「M-RT1DRBK」(エレコム)。トラックボールによるカーソル操作だけでなく、再生や早送りといったコンテンツを操作するボタンも用意され、テレビやレコーダー感覚でパソコンを操れる。

●動画や音楽再生にも最適な「スマートディスプレー」

「Echo Show 5」(アマゾン)●実勢価格9980円(税込み)●サイズ・重さ/幅148×高さ86×奥行き73mm・410グラム●画面/5.5型(960×480ピクセル)●スピーカー/1.65インチ4W●カメラ/約100万画素

アマゾンのAI音声サービス「Alexa(アレクサ)」に対応したスマートスピーカー。タッチ操作に対応した5.5型のディスプレーを搭載し、音楽や動画などのコンテンツを画面上で選んだり、連係家電の設定や操作などもスムーズにできるのがポイント。「Amazon Music」の再生時には、歌詞の表示に対応し、「Amazonプライム・ビデオ」や「YouTube」の再生もできる。目覚まし時計として使用する際に、ディスプレーを徐々に明るくするといった細かな工夫がある点も魅力だ。

連係家電を操作するスマートホーム機能もある
カメラはカバー付きで、使わない時は隠せるので、プライバシーの確保もできる

●載せるだけでスマホを充電、進化系バインダーノート

「SY-106 充電ノート」(ソウイジャパン)●実勢価格7980円(税込み)●サイズ・重さ/幅180×高さ240×厚さ30mm・約750グラム●バッテリー容量/8000mAh●満充電時間/約4時間

一見ただのA5サイズの6穴バインダーだが、内部に8000mAhのバッテリーを搭載。本体に装備されたLightning、USB Type-C、Micro-USBの各種ケーブルを使った充電の他、ワイヤレス充電機能も備え、Qi(チー)対応のスマホなら表紙に載せるだけで充電が可能だ。カードポケットもあり、バインダーとしての使い勝手も良い。

6穴リフィルをセットして、ノートや手帳として使える
バックル部分のパーツは、外すと32GBのUSBメモリーとして使える

●スマホを貼り付けてチャージ、ワイヤレス充電台にも変身

「BRICKSPOWER LIB-BP3000」(Libtech)●実勢価格5073円(税込み)●サイズ・重さ/幅60×高さ101×厚さ15.9mm・101g●バッテリー容量/3000mAh●入力/5V/2.1A●出力/5V/1A
スマホに貼り付けて「一体化」できるため、充電中でも使いやすい。ワイヤレスチャージなのでケーブルも不要だ

iPhoneなどで採用されているQi規格のワイヤレス充電に対応したモバイルバッテリー。背面に特殊な粘着素材を使用しており、スマホにピタリと貼り付けて充電ができる。充電しながら操作もでき、また、そのままかばんに入れておいても外れずに充電ができていた。ぬれた布などで汚れを取り除けば粘着力は回復するので、何度でも使える。

バッテリーモジュールと給電モジュールは着脱式
電源ケーブルをつないだ状態でスマホを置けば、充電台としても使える