powered by 大人のレストランガイド

かんきつ類+塩 鍋物・焼き魚からチョコまで魅力倍増魅惑のソルトワールド(37)

日本には多種多様なかんきつ類がある
日本には多種多様なかんきつ類がある

ミカン・ゆずなど、かんきつ類のおいしい時期だ。かんきつ類は植えてから数年たたないと実がならないし、よく実る年と実らない年が交互にやってきたりする。それでも、古くは日本書紀の時代から私たち日本人の生活に寄り添って存在している。日本人のかんきつ類に対する愛情は特筆すべきものがあるといえる。今回はミカン塩やシークワーサー塩など、かんきつ類を活用した塩を紹介しよう。

まず、基となるかんきつ類について。その品種を調べてみると、世界で100種を超えるそうだ。ここでいうかんきつ類とは、ミカン科・ミカン亜科のカンキツ属、キンカン属、カラタチ属に属する植物の総称。このうち、食用として広く出回るのはカンキツ属とキンカン属である。特にカンキツ属は多種多様で、温州ミカンなどが含まれるミカン類やネーブルオレンジなどが含まれるオレンジ類、グレープフルーツ類、イヨカンなどが含まれるタンゴール類、ゆずやレモンなどが含まれる香酸カンキツ類などがある。

さて、私はかんきつ類の魅力といえば、何は無くともその香りだと思う。例えばゆず。アロマテラピーの世界では、ゆずの香りは食欲を刺激し、気分をリフレッシュしてくれるほか、消化を促す作用があると言われている。この香りは主にユズノンという香気成分が醸し出す。ゆずを調味料として使用する際には、いかにうまくこの成分を抽出するか重要となる。香りを強く出したい時は、果実を横半分に切って、切り口をすり合わせるようにして果汁を搾るとよいので、ぜひ試してみてほしい。

また、紅茶のアールグレイの香料としても知られるベルガモットも、高知県の「土佐ベルガモット」など最近は国内でも生産されるようになった。こうした「ご当地かんきつ類」も増えており、楽しみは尽きない。

メールマガジン登録
大人のレストランガイド
注目記事
メールマガジン登録
大人のレストランガイド