スマホの通信料安くしたい 格安乗り換えの4ステップ格安SIM最前線

家計を見直すとき、効果的なのは毎月支払うスマホの通信料金。格安SIMや格安スマホに乗り換えるときのポイントを解説する
家計を見直すとき、効果的なのは毎月支払うスマホの通信料金。格安SIMや格安スマホに乗り換えるときのポイントを解説する

新年度のスタートを前にして、「スマートフォンの料金を見直したい」と考えている人も多いのではないか。通信料金は毎月発生するものなので、見直すことで出費も大きく変わってくる。ただ「通信キャリアを変更する仕方がよくわからない」という人も多いはず。そこで携帯キャリアを変更するときのポイントを解説しよう。

◇  ◇  ◇

以前に比べ携帯キャリアの乗り換えはしやすくなっている。2019年10月1日に改正電気通信事業法が施行されたタイミングで、各キャリアが解約金を引き下げたのだ。

これまで大手携帯キャリアやサブブランドでは、通信サービスの契約が2年単位で更新される、いわゆる「2年縛り」のあるプランが主流だった。この場合、2年ごとに設けられている更新期間以外のタイミングで解約や他社への乗り換えをすると、解約金として9500円(税別、以下同)が請求されていた。

しかし、ユーザーの過度な囲い込みを禁じた改正電気通信事業法の施行に合わせて、携帯キャリアは新しい料金プランを発表している。大手携帯キャリアのNTTドコモとKDDI(au)では、解約金を1000円に改めた。ソフトバンク、UQモバイル、ワイモバイルの3社では2年間という契約期間そのものを廃止したため、いつ解約や乗り換えをしても解約金が請求されなくなった。端末の支払いが終わったタイミングや進学・就職でニーズが変化したときなど、好きなタイミングで乗り換えられるようになったというわけだ。

【ステップ1】まずは現キャリアを新料金プランに

ただし、ここで気をつけないといけないのは、解約金が1000円や無料になるのは新しい料金プランのみということだ。自動的に新プランへは移行されないので、料金プランを変更していない人が、更新期間以外に解約や乗り換えをすると、9500円の解約金が請求されてしまう。格安SIMに乗り換えを考えているなら、まず今のキャリアの料金プランを変更することが第一歩になる。

新プランに切り替えられる時期や解約金の扱いについては、キャリアによって対応が異なる。

auとソフトバンクはいつでも新プランへの変更が可能で、料金プランが切り替わり次第、解約金1000円や無料の条件が適用される。

NTTドコモは少しややこしい。新プランへの変更はいつでも可能だが、直近の更新期間を迎えるまで、解約金は旧プランのまま据え置かれる。「プランを変更したから」と安心して更新期間が来る前に乗り換えを行うと、9500円が請求されてしまう。

ワイモバイルも新プランへの変更はいつでもできるが、契約から2年以内だったり機種変更を伴わずにプランだけ変更したりする場合は、旧プランの解約金として9500円が請求されてしまう。UQモバイルは契約から2年がたたないと新プランへの変更そのものができない。

まとめると、契約からの期間によらず、すぐにでも解約金1000円や無料のメリットを享受できるのはauとソフトバンクのみ。NTTドコモ、ワイモバイル、UQモバイルから別のキャリアに乗り換えを検討する人は、タイミングによっては直近の更新期間まで待ったほうがいいだろう(記事「スマホ料金改定 解約金下がっても旧契約は時期に注意」参照)。

MONO TRENDY連載記事一覧
注目記事
MONO TRENDY連載記事一覧