車の安全機能の実力 「機械は人より見える」は誤解特集 クルマ安全機能の最前線(3) ホンダに聞く

自動車に搭載された安全運転支援技術にはどんな機能があり、何ができて何ができないのか。ホンダに話を聞いた(写真は栃木県さくら市のテストコースで報道陣向けに行われた横断自転車認識機能の新機能デモンストレーションの様子)
自動車に搭載された安全運転支援技術にはどんな機能があり、何ができて何ができないのか。ホンダに話を聞いた(写真は栃木県さくら市のテストコースで報道陣向けに行われた横断自転車認識機能の新機能デモンストレーションの様子)

現在のクルマには事故を防ぐためのさまざまなシステムが搭載されている。ただ、それらの機能はメーカーによって異なる。自分の乗っているクルマの安全運転支援技術が、どんな意図で生まれたものか、どんな機能を持っているのかを知ることこそ、安全運転の重要な要素になる。

この特集ではメーカーの担当者に話を聞き、その取り組みや具体的な機能について話を聞く。最初に訪ねたのはホンダ。ホンダ車に搭載される「Honda SENSING(ホンダ センシング)」の中で、入社以来、衝突軽減ブレーキなどの開発に携わってきた本田技術研究所の丸尾真也さんに、自動車ライターの大音安弘氏とNIKKEI STYLE編集部が話を聞いた。

購入理由の2位が「予防安全性能」

「Honda SENSING」は現在、ホンダが積極的に搭載を進めている予防安全システムの総称だ。人や車両などを検知するために、カメラやミリ波レーダーなどの複数のセンサーを組み合わせて搭載。衝突軽減ブレーキ「CMBS」(※1)、誤発進抑制機能、車線維持支援機能など、現在の自動車に求められる安全機能を実現している。「SENSING」という言葉には、「今まで見えていなかった自動車の外側を、さまざまな機械(センサー)を使って見ていく」という意味が込められているという。※1 衝突被害軽減ブレーキをホンダでは、「衝突軽減ブレーキ(Collision Mitigation Brake System)」と呼ぶ

大音 2014年に発表された高級セダン「レジェンド」に初めて搭載されたホンダセンシングですが、今では軽自動車の「Nシリーズ」を含め幅広い車種に搭載されていますね。

丸尾 基本となる安全スローガンは「Safety For Everyone」です。だから社員も「高級車だから」「軽(自動車)だから」という境目は持っていないし、「軽自動車だからこれくらいの性能でいいか」とは開発者もまったく思っていません。反対に「大勢の、いろいろな人が乗るのだから、その分しっかり性能を出さないと本当に事故は減らない」という思いを持って開発に取り組んでいます。

編集部 でも、軽自動車を買う人は価格を重視するんじゃないですか。

大音 いや、ホンダの軽自動車の購入理由を見ると「先進の安全運転支援機能の搭載」を理由にあげる人が多いそうですよ。

丸尾 N-BOXの購入理由を見ると、2015年は「予防安全性能」は17%で17位、「衝突安全性能」が17.7%で16位でしたが、2018年の調査では「予防安全性能」は51.8%で2位、「衝突安全性能」は48.2%で4位まで上がっています。今では必須機能のような位置づけになっているのではないでしょうか。かつての燃費の良さに近い位置づけのようにも感じますね。

ホンダが調査したN-BOX購入理由。2015年には下位だった「予防安全性能」「衝突安全性能」がわずか3年で購入理由の上位に来ている
MONO TRENDY連載記事一覧