ガンダムをアニメから本物に 未来を拓く奥山清行さん編集委員 小林明

「機動戦士ガンダム」の放映40周年を記念したプラモデル「HG1/144ガンダムG40」(左、(C)創通・サンライズ)をデザインした工業デザイナーの奥山清行さん
「機動戦士ガンダム」の放映40周年を記念したプラモデル「HG1/144ガンダムG40」(左、(C)創通・サンライズ)をデザインした工業デザイナーの奥山清行さん

フェラーリやマセラティなど世界的な高級スポーツカーを手がけてきた工業デザイナー、奥山清行さんが「機動戦士ガンダム」(通称=ファーストガンダム)の放映40周年を記念したプラモデル「HG1/144ガンダムG40」をデザインした。ガンダムの大ファンだったという奥山さんが取り組んだのが「アニメとガンプラの間の矛盾の解消」。高さ18メートルの戦闘用ロボットを実際に動かすにあたり、必要となる構造やフォルムを工業デザイナーの視点から総点検し、一切の妥協なくデザインしたという。ガンダムをアニメから本物のロボットに変身させる挑戦だ。

今回のプロジェクトに込めた思いやアニメやデザインが持つ魅力や可能性などについてインタビューした。

「機動戦士ガンダム」見たのは武蔵美2年、ロボット兵器に衝撃

――「機動戦士ガンダム」の放映が始まった1979年は武蔵野美術大2年だったそうですね。

「僕はリアルタイムで熱狂的な『機動戦士ガンダム』ファンだったんです。ちょうど受験が終わり、山形から上京して一人暮らしを始めた時期でしたから、大好きでテレビ放送をよく見ていました。戦闘とか、生と死とか、裏切りとか、恋愛とか、ストーリー自体が大人向けの人間的なドラマで内容が深かったし、なによりもリアルなロボット兵器がアニメとして登場したことに大きな衝撃を受けた。それまでのアニメにはあまりなかったことなので……」

スカートのようなギミックを使わずに体を動かすための様々な工夫を施したガンプラ「HG1/144ガンダムG40」(税込み3300円)(C)創通・サンライズ

――どんな経緯でガンプラをデザインすることになったのですか。

「バンダイスピリッツ(東京・港)さんから、『機動戦士ガンダム』放映40周年を記念したガンプラを発売するのでデザインしてほしいという依頼いただいたんです。僕はずっとガンダムのファンだったし、いつかはガンプラをデザインしてみたいと思っていたので『ついに夢がかなった』と喜んでいました」

――アニメとガンプラとの間にあった矛盾とはどんなものですか。

奥山清行 1959年山形市生まれ。武蔵野美大、米アートセンター・カレッジ・オブ・デザイン卒。米、独、伊でコルベット、カマロ、ポルシェ、フェラーリなどをデザイン。豪華列車「トランスイート四季島」、ヤンマーのトラクターなどのデザインも手がける

「『機動戦士ガンダム』はガンプラが登場する前に制作されたアニメ。つまり、プラモデルにすることを想定せずに描かれたアニメなんです。だから胴体のねじれとか、腕や腰、足など体の各部分が、厳密に言うと、ロボットとして実際にはありえない動きをする。その点がガンプラ制作を前提に描かれた『機動戦士Zガンダム』(1985年から放映)などとは根本的に異なっている。そこで僕は『機動戦士ガンダム』のオリジナルの姿をできるだけ変えずに、工業デザイナーとしてガンプラとアニメとの間の動きの矛盾やギャップを整理し直し、デザインの力で埋めてゆきたいと考えたんです」