革新的製品誕生の軌跡追う 日経読書面今週の5冊2020年1月4日付

毎週土曜日付の日本経済新聞の読書面で、評者の署名入り書評を掲載した本を紹介します。書評は日経電子版で読むことができます。

 

◇   ◇   ◇

 

イノベーターズ(I・II) ウォルター・アイザックソン著

>>日経電子版で書評を読む 「革新的製品 誕生の軌跡追う」

原題=THE INNOVATORS (井口耕二訳、講談社・各2400円) ▼著者は52年生まれ。米タイム誌編集長などを歴任。テュレーン大歴史学教授。著書に『スティーブ・ジョブズ』など。 ※書籍の価格は税抜きで表記しています


薪を焚く ラーシュ・ミッティング著

>>日経電子版で書評を読む 「古代の炎想い 未来へ備える」

(朝田千惠訳、晶文社・3300円) ▼著者は68年ノルウェー南部生まれ。ジャーナリスト、編集者を経て現在は専業作家。 ※書籍の価格は税抜きで表記しています


私の家 青山七恵著

>>日経電子版で書評を読む 「閃いては消える家族の記憶」

(集英社・1750円) あおやま・ななえ 83年埼玉県生まれ。作家。「ひとり日和」で芥川賞。著書に『窓の灯』『かけら』『快楽』『風』など。 ※書籍の価格は税抜きで表記しています


知略の本質 野中郁次郎、戸部良一ほか著

>>日経電子版で書評を読む 「劣勢を覆す思考のプロセス」

(日本経済新聞出版社・2200円) ▼野中氏は一橋大名誉教授、戸部氏は防衛大名誉教授。本書は河野仁、麻田雅文両氏との共著。 ※書籍の価格は税抜きで表記しています


自画像のゆくえ 森村泰昌著

>>日経電子版で書評を読む 「制作者の妄想 作品論に昇華」

(光文社・1500円) もりむら・やすまさ 51年大阪市生まれ。美術家。「自画像的作品」をテーマに作品を制作。著書に『踏みはずす美術史』など。 ※書籍の価格は税抜きで表記しています

ビジネス書などの書評を紹介