「ザク」も動かせる 大人がハマるプログラミング教材

日経トレンディ

(C)創通・サンライズ
(C)創通・サンライズ
日経トレンディ

2020年に小学校で必修化される「プログラミング教育」。手順を追って課題を解決していくことで論理的思考を養えるとあって、研修などに取り入れる企業が増えている。実は、大人にも「必修」のスキルだ。

ただ、いきなりプログラミング言語を座学や教材で学んでも、挫折する可能性が高い。そこで狙いたいのが、ロボットを動かしながらプログラミングを自然に学べる教材だ。ここ数年で国内外の様々な企業が新商品を投入し、バリエーションが一気に広がった。

中でもユニークで大人がハマること間違いなしといえるのが、アニメ『機動戦士ガンダム』でおなじみの「ザク」をテーマにしたプログラミング教材「ZEONIC TECHNICS」(バンダイ)。17個のサーボモーターを備えた二足歩行可能なモビルスーツをドライバーを使って自分で組み立て、スマホアプリで操縦する。

登録されているポーズやアクションに加え、オリジナルのモーションを作って制御することも可能。プログラミングは、条件に応じて「前進」「左旋回」といったポーズやモーションが割り当てられたブロックを配置していくインターフェースで、初心者でも直感的に扱えた。

「寝転んだ状態から起き上がったり、素早く走ったりといった複雑な動きはバランスが崩れやすく、うまく動かすにはサーボモーターの細かな調整などが必要になる」(バンダイ新規事業室デピュティゼネラルマネージャーの原田真史氏)。プログラミングだけでなく、ロボティクスの基礎を学べるのも楽しい。19年10月に予約が始まった第1期はほぼ完売状態とのことで、第2期の投入も予想される。

●「ZEONIC TECHNICS」(バンダイ、税込みの実勢価格9万8890円)

距離センサーを活用しての自律操縦も可能。好きなモーションを再現できる(C)創通・サンライズ
アニメ『機動戦士ガンダム』の世界観に入り込んでプログラミングを学べる教材。モビルスーツ「ザク2」をモチーフにした二足歩行ロボットを組み立てて制御しながら、プログラミングの概念だけでなくロボティクスの基礎も身に付く。全高は約30cmあり、全身に17個のサーボモーターやジャイロセンサー、対物(距離)センサーを搭載。専用アプリ(下画面)でマニュアル操作できるのに加え、プログラムによる自律操縦も可能だ。

ロボット本体は、近藤科学の製品がベースになっている。全身に17個のサーボモーターを備える(C)創通・サンライズ
教材の第2弾として、「ザクタンク」の投入を検討中。カスタマイズ用のパーツなどが展開される可能性もある(C)創通・サンライズ

専用アプリの画面
ザクを直接動かしてポーズを決めた後に、アプリで各サーボモーターの状態をスキャンして記録する機能もある

MONO TRENDY連載記事一覧
注目記事
MONO TRENDY連載記事一覧