ビジネスで活躍 アナログ文字盤スマホ連携ウオッチ特集 新年から取り入れたいトレンドアイテム(中)

ビジネスのファッションにもコーディネートしやすいアナログ文字盤のスマホ連携機能搭載腕時計を紹介する
ビジネスのファッションにもコーディネートしやすいアナログ文字盤のスマホ連携機能搭載腕時計を紹介する

新年を迎え、去年とは違うことにチャレンジしたい。そんな人に向けて、この特集では2020年に取り入れたい話題のアイテムを3回にわたって紹介する。「関心はあるけれど、何を選んでいいか自信がない」という人向けに、初めてでも失敗のない、そのジャンルの良さを実感できる製品をセレクトしている。

第2回に取り上げるのは、スマホと連携した腕時計。しかもアナログ文字盤のモデルを3つ取り上げる。アップルウオッチをはじめとするスマートウオッチも普及しているが、最初に手に入れるなら、スーツなどにも合わせやすいアナログ文字盤を選んではどうだろう。スマートウオッチに比べると機能は限られるが、電話やメールの着信通知など必要十分な機能を備えているものが多い。毎日充電する必要もなく、今までつけていた腕時計と変わりなく使えるはずだ。

着信通知と心拍計を搭載/フォッシル

フォッシル「ハイブリッドHR FTW7009」(メーカー希望価格2万9000円、税別※以下同)

時針・分針のあるベーシックなアナログ腕時計に、省電力の電子ペーパーディスプレーを採用したのがフォッシル「ハイブリッドHR」。ブルートゥース接続でスマホと連携、専用アプリとペアリングすることでさまざまな機能を使用できる。

常時点灯ディスプレーには、スマホに着信した電話やテキストメッセージが通知されるだけでなく、リアルタイムの天気や第二時間帯の時刻などの情報も表示可能。心拍センサーを搭載し歩数や消費カロリーといったアクティビティートラッキングにも対応する。

使い方によって変動するが、1回の充電で2週間以上使用可能。さらに急速充電にも対応しており、60分で80%充電できる。

「2019年11月初旬の発売後、早々に完売した」(フォッシルジャパンのPRスペシャリスト平野美恵子氏)。同年11月下旬に2回目の納品があったが、こちらも完売し、現在は入荷待ちという人気ぶり。「スマートウオッチにありがちなスポーティーなデザインに抵抗がある人や、必要最低限の便利機能を求めるビジネスパーソンに支持されている」と平野氏。バッテリーの持ちが長い点も評価が高いという。

アナログ文字盤でメタルバンドのためビジネスシーンにも対応しやすい。「ハイブリッドHR」は文字盤の色やベルトの素材が異なるメンズ4型、レディス4型を展開している