子どもの視聴はオンデマンド ワンオペパパの強い味方

日経DUAL

オンデマンドを使って上手にテレビ番組を見せる(写真はイメージ=PIXTA)
オンデマンドを使って上手にテレビ番組を見せる(写真はイメージ=PIXTA)
日経DUAL

4歳の娘と6歳の息子を共働きで子育てしながら、毎日必死なイクメンFP、ヤマサキです。家事・育児に関わる時間は、少なくとも年間1500時間。今回は「テレビの見せ方」「配信サービスの活用法」について考えてみます。子育て目線で考えると、どんな活用方法があるのでしょうか。

テレビは録画して、見たいタイミングで視聴が基本

わが家は、基本的にテレビをつけません。テレビにムダに時間を割かれて、その間何もしない状態、というのが好きではないためです。いつもダラダラと何かテレビが映っている、ということはありません。そもそも、つけっぱなしにするほど見たい番組は多くないことも、理由の一つです。

テレビを見るときは、基本的には「オンデマンド式」と決めています。つまり、見たい番組は録画しておいて、時間が空いているなどのタイミングを意識して視聴しています。

子育てにおいて、テレビ番組をどう見せるかは難しい問題です。友達との話題についていけないのはかわいそうですし(私が割とそういう子どもだったので、同じ思いはさせたくない)、かといって無制限にずっと見せ続けるわけにもいきません。

わが家は4歳の女の子と6歳の男の子がいるのですが、やはりテレビを見たがります。そこでわが家では「いくつかの見せ方」を工夫し、上手にテレビと付き合う方法を考えてみました。

わが家のテレビの見せ方、動画配信サービス活用法を紹介しながら、イクメンのヒントとなりそうな「テレビ番組視聴のスタイル」について考えてみたいと思います。

テレビの録画視聴とネット配信を上手に利用

まず「オンデマンド式」で番組を見る体制を確保してみましょう。知っている、やっているという人も多いと思いますが、知らない人のために改めて基本を説明しておきます。

視聴体制を作る方法は大きく二つです。

● ブルーレイレコーダーと視聴アプリ
● 月額制のネット動画配信サービスのサブスクリプション契約

まずテレビ番組を録画するレコーダーです。レコーダーの価格は大容量ハードディスクが入っていても近年大きく値下がりしています。機種選びの際には容量を第一にしつつ、自社開発の視聴アプリがあるかどうかに着目してみるといいでしょう。

アプリがあると、録画した番組をスマホやタブレットでも視聴できるようになり、視聴する際の選択肢が大きく広がります。スマホからも予約できるようになり、とても便利です。ソニーとパナソニックはアプリの安定性が高いようです。

動画配信サービスは、月単位の料金を支払うことで見放題になるものです(サブスクリプション契約)。Netflix、Amazonプライム・ビデオ、Hulu(フールー)、dTV(アニメだけ配信されるdアニメもある)などのサービスを利用することになります。負担額は、月額1000円程度です。

動画配信サービスは同時にいくつも契約する必要はないと思います。多くの番組は重複しており、どちらでも見られることが多いからです(一部限定配信もある)。既にAmazonプライム会員という場合は、Amazonプライム・ビデオは利用無料ですから、そこから始めてみればいいのではないでしょうか(会員費は年間4900円と比較的安価で、プライム会員はお急ぎ便・日時指定便使い放題を利用でき、一部商品の取扱手数料無料などの特典がある)。

次のページ
ハードディスクの容量が大きいレコーダーを用意