チームを強くする名脇役力 小池栄子さんの存在感

2020年を迎えました。今年は昨年のラグビーワールドカップ(W杯)日本大会の熱気と余韻もいまだ漂うなかでのオリンピックイヤーとなります。ラグビーW杯への関心は、『2019 ユーキャン新語・流行語大賞』(「現代用語の基礎知識」選)に日本代表チームのスローガン「ONE TEAM(ワンチーム)」が、年間大賞に選ばれるまでになりました。

このワンチームという言葉は、スポーツだけでなく、人の力が結集する様々な場面や現場で不可欠です。映画やテレビドラマの現場も同じです。出演者やスタッフが一丸となって良いチームワークで臨んでいるドラマは見ている側にもその雰囲気が伝わりやすく、ネットでの評判も上々です。主役はもちろんのこと、脇役一人ひとりが自身の役割を全うし、輝いているドラマは、視聴者も毎週見続けたくなるものです。

ドラマ『俺の話は長い』で見せた存在感

(イラスト:川崎タカオ)

19年10月期のドラマでは、『俺の話は長い』(日本テレビ系)がそれに当てはまっていました。ネット上でのコメントを見ても「出演者全員が役にはまっていて面白い」「脇役が光っている」「皆が実在しそう」などと、出演者全員を好感する感想が並んでおり、視聴率も初回の8.4%から最終回は10.4%へと上昇基調をたどっていきました。

この物語の主人公は、生田斗真さんが演じる屁理屈(へりくつ)の多い31歳のニート青年・岸辺満。その主人公・満と小池栄子さんが演じる姉・綾子との会話のやりとりが、このドラマの見どころの一つでした。何気ない日常会話が繰り広げられているだけなのに、なぜかずっと続いてほしいと思える2人の丁々発止の会話劇。

特に、人を小バカにしたような満の一言に対して、まさに体当たりでぶつかっていく綾子の物言いは秀逸であり、綾子そのものになりきった小池さんの存在感には圧倒されるものがありました。ネット上でも小池さんの演技力に対して、「実力派の女優になった」「脇役ながらいつも確かな演技力」と、総じて高い評価の声ばかりでした。

小池さんの場合、ネット上のコメントでも指摘が多いように、主役を演じるというよりは、脇役を演じることが多い女優さんです。

ドラマだけでなく映画においても、その印象は強く、11年公開の『八日目の蝉(せみ)』では、ルポライター役を脇役ながら見事に演じ、日本アカデミー賞の優秀助演女優賞を受賞しました。異質な生い立ちから男性恐怖症になってしまった女性を演じている小池さんは、グラビアアイドル時代の明るい元気な面影は一切感じさせず、どこか陰のある女性の独特のオーラを漂わせていました。

名だたる監督から名脇役として高い評価

一方で、昨年公開された映画『記憶にございません!』では、コメディエンヌとして陽の演技力も存分に発揮しています。

メガホンをとった三谷幸喜監督も舞台挨拶の場などで、小池さんの演技力を評価していますが、これまで小池さんは、成島出監督、大根仁監督、阪本順治監督、李相日監督、三池崇史監督、吉田大八監督など、多様なタイプの演出家の作品に出演し、様々な現場で評価を得てきました。

注目記事
次のページ
チームにおける脇役の重要さ