アニメ映画で声の演技 声優の技術を実感(井上芳雄)第59回

日経エンタテインメント!

井上芳雄です。今年もよろしくお願いします。劇場公開中のアニメ映画『僕のヒーローアカデミア THE MOVIE ヒーローズ:ライジング』で声優をやらせていただきました。できあがった映画を見て、日本のアニメの技術の素晴らしさに感銘を受けると同時に、声優さんのスキルのすごさを実感しました。

『僕のヒーローアカデミア THE MOVIE ヒーローズ:ライジング』でナイン役のアフレコに挑む井上芳雄

映画は、堀越耕平さんが週刊少年ジャンプに連載されているマンガ『僕のヒーローアカデミア』が原作。総人口の8割が超常能力“個性”を持って生まれる世界で、人々と社会を守る職業・ヒーローになることを多くの若者が夢見るなか、無個性で生まれてしまった主人公・緑谷出久(デク)が一人前のヒーローを目指して成長していく姿を描く物語です。僕はシリーズ最凶の敵<ヴィラン>であるナインを演じました。ナインは自らの理想を果たすべく、ある標的を狙い、デクたちのいる那歩島(なぶとう)を襲います。

アニメの声優を務めるのは、2013年のディズニー映画『プレーンズ』、17年の『ソードアート・オンライン』以来、3回目。今回のアフレコ(声の録音)は19年9月にあったのですが、その段階ではほとんど丸みたいな絵を見ながら声を入れました。丸が動いて、ナインと書かれていたところで、監督から「○○を言ってください」と指示されるという具合です。

だから正直、どういうシーンかはっきり分からないまま声を出していました。戦いのシーンがけっこう長く、「うっ!」とか「あっ!」とか言うのですが、実際はどういう攻撃を受けているかよく分かってなかった。それで完成した映画を見たら、やっと、こういうストーリーで、僕の役はこんなに強くて、悪い役なのかと(笑)。

すごく壮大なスケールだし、日本のアニメの技術は本当に素晴らしい。特に戦闘シーンは、スピード感も想像をはるかに超えていて、どうやってこれを描いているのか驚きました。やっぱり完成させるには公開のギリギリまでかかるだろうな、というくらい複雑なので、アフレコの時点では丸だったのもしようがないのかもしれません。

『僕のヒーローアカデミア THE MOVIE ヒーローズ:ライジング』は全国東宝系にて公開中 (c)2019「僕のヒーローアカデミア THE MOVIE」製作委員会 (c)堀越耕平/集英社

それにしても面白いのは、アニメの声優だとなぜか悪役のオファーが多いことです。前の『ソードアート・オンライン』も悪い役だったので、そのイメージがあったのでしょうか。自分では、悪の声ではないように思うのですが(笑)。どうして僕が呼んでいただけたのかはわからないのですが、ひとつ客観的に思ったのは、声優さんたちの中に、ミュージカル俳優である僕のような畑違いの人間が入ることで、作品に違う風を吹かすことができたのかな、ということです。

エンタメ!連載記事一覧
注目記事
次のページ
「何分何秒」からいきなり演技に入れる技術
エンタメ!連載記事一覧