未来の飛行機はV字型 迫る環境問題、「抵抗」減らす

Paravi

オランダの航空会社KLMの100周年記念イベントで公開されたのが、新型航空機「フライングV」のプロトタイプです。

平たい機体に、上から見るとV字形の不可思議な形。KLMが地元のデルフト工科大学と共同で開発している「環境配慮型」の未来の航空機です。空気抵抗を減らしたうえに軽量素材を使うことで、燃費を20%改善できるといいます。縮小サイズのプロトタイプの試験飛行がうまくいけば、実際の機体も2035~40年には飛ばせるようになるといいます。

環境性能だけでなく、客の利便性も高めようとしています。フライングVの機内シートも初公開。これまでの航空機には存在しなかったものが目白押しです。

家族でも使える4人がけのグループシートに、心地よく斜めになって眠れるラウンジシート、さらに横になれるフラットベッドなど。そして大きな特徴が、座席が折りたためて乗客が自由に足元を広くできることです。

KLMが公開した新型航空機「フライングV」のプロトタイプ

ヨーロッパでは今、気候変動を巡り「飛行機をボイコットせよ」という運動もじわりと広がっています。こうした世界的な流れを受け、KLMは電車の利用を促す異例の動画まで作成。KLMオランダ航空のピーター・エルバース社長は「環境対策はとても重要。ただのキャンペーンではなく、バイオ燃料に投資するなどたくさん行動すべきだ」と話します。

この映像と記事はテレビ東京「ゆうがたサテライト」(2019年10月9日放送)の内容を配信用に再構成したものです。

(C)テレビ東京

[PlusParavi(プラスパラビ) 2019年12月20日付記事を再構成]

MONO TRENDY連載記事一覧
MONO TRENDY連載記事一覧