ヤフー社食で100円「揚げ物税」 魚系は値下げ

Paravi

ヤフーは社員食堂で「揚げ物税」を導入するというユニークな取り組みを始めました。その背景には社員の健康増進があります。

ヤフー本社にある社員食堂は、ランチで提供する肉の揚げ物を"100円値上げ"しました。から揚げやとんかつ、チキン南蛮などが値上げの対象になります。

ヤフーの沼田瑞木さんは「ランチで食べている脂質のエネルギー比率が、厚生労働省の規定している値よりも高い状況になっているので、生活習慣病に直結しているのではないか」と値上げの理由を語ります。

ヤフーの社員食堂では、会計時に社員証などを使用し、メニューのデータを集計しています。このデータを分析したところ、多くの社員が脂肪分をとりすぎていることがわかりました。

ただ、ヤフーが実施するのは、肉の揚げ物の値上げだけではありません。焼き魚や煮魚などを150円値下げします。

「揚げ物税」導入は社員の健康に配慮し、生活習慣病を予防する狙いがある

これは脂肪分を取りすぎている社員に対し、悪玉コレステロールを減らす働きがあるとされるドコサヘキサエン酸(DHA)などを含む魚料理を食べてもらう狙いがあります。

沼田さんは「好きなものを食べさせてくれという意見もあるが、会社は従業員の健康管理につとめる義務がある」と言います。

この映像と記事は「ワールドビジネスサテライト」(2019年10月8日放送)の内容を配信用に再構成したものです。

(C)テレビ東京

[PlusParavi(プラスパラビ) 2019年12月18日付記事を再構成]