JALとANAの機内ワイン 高級ボルドーや日本ワインも

航空会社各社は機内ワインに力を入れている(写真はイメージ=PIXTA)
航空会社各社は機内ワインに力を入れている(写真はイメージ=PIXTA)

飛行機に乗る楽しみの一つとして飲食がある。その中でも航空会社が力を入れているのがワインだ。有名なソムリエが監修し、どのクラスのワインでも満足感がある。さらに、最近は空港のラウンジのワインも侮れない。

四半期でのワイン提供も始めたANA

ANAのワインは2000年に世界最優秀ソムリエを受賞したオリヴィエ・プーシエ氏、全日本最優秀ソムリエコンクールやアジア・オセアニア最優秀ソムリエコンクールなどで優勝した経験のあるコンラッド東京のエグゼクティヴソムリエ森覚氏が監修している。世界、アジア、日本のそれぞれの優勝経験者がそろった形だ。この2人のセレクションは2018年からだ。

コンラッド東京のエグゼクティヴソムリエ森覚氏

2019年12月からのワインプログラムでは、新しい試みをしている。これまで一年を通して提供できるワインを選んでいたが、1銘柄あたり数万本など、必要な本数が多くなるため、少量生産のワインは選びにくいといった問題があった。そこで、今回は四半期単位など、短い期間で提供するものも、セレクションに入れている。四半期ごとに機内食のメニューが変わるため、それに合ったワインを出せるというメリットもある。

今回、限定本数で入れているワインの代表が、フランス・ボルドーの「シャトー・コス・デストゥルネル 2008」注)。ボルドーの格付け2級のワインだ。長熟型のワインだが、10年を過ぎて飲みごろに入ってきた感じだ。ボルドーらしい、骨格のしっかりした味わいで、牛肉に合わせるのにぴったりだろう。何よりも、高級ボルドーを飲んでいるという満足感がある。調べてみたところ、「ワイン・アドボケイト」という世界で最も支持されているワイン評価誌で95点という高い評価を得ている。森覚氏は「機内ではデカンタージュできないため、おりが少ないものを選んだ。そして何より今飲んでおいしく、価値があるものとして選んだ」と説明した。

注)シャトー・コス・デストゥルネル 2008は2019年11月の欧州路線ファーストクラスと12月の北米路線ファーストクラスで提供されて、すでに終了している。

ファーストクラスでは「日本ワイン」(日本国内で栽培されたぶどうを100%使用して日本国内で醸造されたワイン)も提供している。「ソラリス 信州千曲川産メルロー 2016」と勝沼醸造の「アルガブランカ イセハラ 2017」だ。「日本ワインは品質がまだまだといわれるが、厳選したワイン、一時的(な提供)でもいいものを出したいという思いから選んだ」と森氏。インバウンドの観光客に、日本に来る際、また帰るときに日本への思いをはせてほしいと語った。

ファーストクラスのワイン。1番左が「ソラリス」、その右が「紫鈴」

日本人が海外の産地で作るワインもある。「ノリア・シャルドネ・サンジャコモ・ヴィンヤード 2017」は中村倫久(のりひさ)氏がカリフォルニアのソノマのブドウで作るワイン。故中村勘三郎さんが好きだったワインとしてテレビ番組で紹介されたこともある。「紫鈴(りんどう) 2016」は、ゲーム会社カプコンの創業者辻本憲三氏がカリフォルニアのナパに作った「ケンゾー・エステート」製。カベルネ・ソーヴィニヨンやメルロー種などのブレンドでふくよかで濃厚な味わいのワインだ。

ビジネスクラスでは、春夏はさわやかなもの、秋冬は重厚でふくよかな味わいのものを選んでいるという。ボルドーのワインでは「シャトー・カスティジャン 2016」があるが、「機内では酸味やえぐみを強く感じるのでなめらかな味わいのもの」というのが選んだ理由だという。

ビジネスクラスのワイン。左から2番目が「シャトー・カスティジャン」

オーストラリアの「スカットルバット ソーヴィニヨンブラン セミヨン 2018」はプーシエ氏と森氏がブラインド(銘柄を伏せて試飲すること)で選んだワイン。酸味がしっかりしていて料理にとても合いやすい。以前は酸味が強いものは選ばなかったが、季節ごとに選ぶのであればラインアップに必要だと考えて入れたのだという。

また、新たにポートワイン「キンタ・デ・ラ・ロサ・ファイネスト・リザーヴ・ポート」をラインアップに加えた。ポートワインはワインの発酵途中でブランデーを加えて発酵を止めるため、イチゴジャムのように甘くアルコール度数が高い。チョコレートなどによく合う。

エコノミーで提供しているワイン

プレミアムエコノミーとエコノミーではオリジナルの白と赤を提供する。プーシエ氏が監修しており、19年8月から第2弾になった。このほか、スパークリングワインもある。

「ANA SUITE LOUNGE」ではロゼワインを2種類用意しているのが興味深い。スペインの「ビーニャ・レアル ロサード」とフランス・プロバンスの「ミラヴァル/ロゼ」で、後者は以前ブラッド・ピットとアンジェリーナ・ジョリー夫妻(当時)が所有していたことで知られている。近年、世界的にロゼの人気は上がっており、それを反映した格好である。

MONO TRENDY連載記事一覧