桐谷さんが振り返る うれしい・びっくりな優待銘柄

日経マネー

写真はイメージ=123RF
写真はイメージ=123RF
日経マネー

どうも、桐谷です。2019年を「もらってうれしかった優待」「改良でびっくりした優待」「改悪でがっかりした優待」で振り返ります。

うれしかった優待の1つ目は関門海(東2・3372)。「玄品」で使える食事券ですが、私はフグよりカニが好きで、カニを食べられるお店に行きます。こちらの優待券を使って毎年6月と11月の期限切れ前に友人とカニを食べに行きます。足りない時にはジェフグルメカードも併用して。関門海は無配であまりお薦めはできないのですが、個室でゆっくりカニを食べながらおしゃべりできる優待が楽しみなので、もらってうれしい優待一番に挙げました。

注:データは2019年12月6日時点。同じ優待が年2回の場合は1回分を記載。記載以外の優待がある場合は「~」と表記。利回りの( )内は配当利回り。*関門海の利回りは300株の場合

2番目はアトム(東2・7412)。ここはコロワイド(東1・7616)、カッパ・クリエイト(東1・7421)と相互利用が可能な優待で、アトムの優待でコロワイドの「北海道」に行けます。実は私の誕生日会を毎年「北海道」で開いています。私の優待券を使って、いろんな方をご招待。これももらってうれしい優待です。コロワイドの優待は500株からですが、アトムは100株からもらえるので、こちらを挙げました。

次に改良でびっくりした優待。筆頭は日本モーゲージサービス(東1・7192)。100株以上でQUOカード1000円分を3000円分に、かつ1年以上保有で4500円相当のカタログギフト、3年以上保有でカタログギフト2つ。発表直後は2日連続ストップ高買い気配でしたが、寄り付いた後はなだらかに下がり始めました。ところが最近、再上昇。長期保有で優待利回りがグンと上がる銘柄は、1年、2年と時間をかけて株価が上がる傾向があります。