保険もメタボに注意 見直しで大切なステップと順番FPがお悩み解決

NIKKEIプラス1

「必要な保障に必要な分だけ加入」が保険選びのポイント。国の社会保険も含めた「収支」を把握しよう
「必要な保障に必要な分だけ加入」が保険選びのポイント。国の社会保険も含めた「収支」を把握しよう

保険料を節約しようと保険を見直しているうちに、あれこれ保障を付けないと不安になり、結局は保険料がかさんでしまいます。(50代女性)

◇ ◇ ◇

回答者:ファイナンシャルプランナー 前野彩さん

保険の見直しで新商品を探しているうちに「やめた後に、何かあったらどうしよう」と不安になり、気が付けば、あまり必要性のない保障が付いたメタボ保険になっていた。そんな方は少なくありません。保険は1商品で数十万円から数百万円する「お買い物」。メタボ予防のカギは「保険料の総額」にあります。

仮に毎月5千円の保険料を30年間支払うとしたら、総額180万円です。終身払いの保険ならば、65歳時点の平均余命を踏まえ、男性は85歳、女性は90歳まで支払うとして計算してみると目安になるでしょう。その金額が安心料として納得できるなら、あなたにとって価値がある保険といえそうです。反対に「こんなに払うの?」と思うなら「保険に入ったつもり貯蓄」で、もしもの際に備えましょう。

ただしいくら保険がスリムになっても、もしもの際に保険が必要な経済状況なら、高い保険料でも入っておかないと自分や家族が困ります。一方で保険が不要な状況なら、保険料が安くても、無駄な支出になるかもしれません。

近づくキャッシュレス社会
ビジネスパーソンの住まいと暮らし
近づくキャッシュレス社会
ビジネスパーソンの住まいと暮らし