平成の人気商品NO.1はシャウエッセン 令和は?日経POSで見る人気商品

安心のブランド力、巧みな発信が消費者の心をつかんだ
安心のブランド力、巧みな発信が消費者の心をつかんだ

「日経POS情報」は日本経済新聞社が全国のスーパーやコンビニエンスストアなど計1500店舗から収集した実売データを1985年から蓄積しているデータベース(DB)だ。食品や日用品など約265万品目に及ぶ商品の詳細な価格・販売データを有する。

日経では同データを基に、1年間に最も売れたり、売り上げを大きく伸ばしたりした商品を「日経POSセレクション」として選出している。今回は日経POSセレクションを中心にデータを調べ直してみた。

平成は定番商品が強みを発揮した時代だった。日経POS情報によると、全商品分野のなかで平成時代(1989年1月~2019年4月)の総合1位となったのは日本ハムの「シャウエッセン ポークあらびき ウインナー」。POSレジに買い物客が千人通ったときの売上金額で人気度合いを測る指標「来店客千人当たり販売金額」が、総合2位のアサヒビール「スーパードライ 350ミリリットル×6」の約1.2倍だった。

ウインナー自体も平成を通して売れた商品分野で6位につけた。そのなかでもシャウエッセンは2位の丸大食品「燻製屋 熟成あらびきポークウインナー」に来店客千人当たり販売金額で2.8倍と圧倒的な強さを見せた。

「ロングセラーとして客の信頼が高いため、リピーターが多い」(大手スーパー)うえ、「SNS(交流サイト)を活用した商品訴求がうまい」(食品卸)ことが勝因のようだ。

パリッとした食感へのこだわりから、これまで推奨してこなかった電子レンジでの調理を発売35年目の今年、「解禁」した。調理に時間をかけたくない消費者が増える中、新たな取り組みを怠らない。

ビールテイスト飲料(ノンアルコールビール)のブランド別シェアで平成ナンバーワンになったのは、サントリービール「オールフリー」。12年に登場したアサヒビール「ドライゼロ」と激しい首位争いを繰り広げたものの、最終的に平成1位の座に就いた。テレビ広告などの効果もあり「ブランド力がある」(酒類卸)ことが強みとなった。

明治「おいしい牛乳 900ミリリットル」は「2018年売上No.1」で総合3位に入った。16年に1リットル入りから900ミリリットル入りに変更し、一時はシェアを落とした。しかし、子供や高齢者でも開けやすいキャップや横幅を狭くして持ちやすくするなどの容器改良が評価され、徐々にシェアを回復。牛乳自体の売り上げが右肩下がりの中で奮闘した。

MONO TRENDY連載記事一覧
注目記事
MONO TRENDY連載記事一覧