2020年代の働き方はエイジレス 収入は自力で増やせ年始にあたって4つの計(1)

写真はイメージ=123RF
写真はイメージ=123RF

明けましておめでとうございます。年末年始にのんびりした人も、仕事を再開し少しずつ日常を取り戻そうというところでしょうか。

今月のマネーハックは「2020年、年始にあたって4つの計」をテーマとし、あなたの人生とお金のポイントを4つ掲げていきたいと思います。

ベストセラー書籍の『LIFE SHIFT』が発売されて3年がたちましたが、本書が訴えた「人生100年時代」というキーワードは、日本でかなり広まったのではないでしょうか。しかし、同書は人生100年時代だけについて述べているわけではありません。むしろそれ以外のテーマの方が具体的な示唆に富んでいるように思います。

今週考えてみたいのは「働き方」「稼ぎ方」です。

ジョブチェンジで時代の変化に対応

1つめは「ジョブチェンジ」で、有名なロールプレイングゲーム(RPG)の「ファイナルファンタジー」シリーズに出てくるシステムです。いろいろな職業を転々とする中で、自分の能力を高めていけるというものです。たとえば戦士が魔法使いになることで、自分ができることを増やせたり、パーティ(戦いに臨むチーム)の中で自分が果たすべき役割を変化させられたりするようになります。

2020年以降、私たちが意識していくべき働き方の課題の一つは、このジョブチェンジかもしれません。人生が長くなると、1つのビジネスキャリアだけで50年以上働き続けられるかは未知数です。

今の自分の仕事で将来も稼げるのであれば、その質を高めていくことに注力すればいいでしょう。しかし、自分の働く業界が斜陽化する可能性が高い、あるいは自分の持つスキルが陳腐化する恐れがあるのなら、勇気をもって違う仕事を見つけ出すことが必要になります。

必要とあらばジョブチェンジを辞さないという意識を持つことで、時代の変化に対応できます。そして、時代の変化は徐々に速くなっていきます。

近づくキャッシュレス社会
ビジネスパーソンの住まいと暮らし
注目記事
次のページ
何歳まで働くかを自分で決めるようになる
近づくキャッシュレス社会
ビジネスパーソンの住まいと暮らし