自分だけのノートづくりも 文具女子博に行ってみた

文具女子博限定コラボ商品を著者が企画

著者がコラボレーション文具を企画

マークスのブースでは、システム手帳のリフィルの「リフィルマルシェ」を開催。会場限定で人気のリフィルのバラ売りやかわいい柄入りメモなど全18種類の中から5つをセレクトして購入できるイベントです。今回その中で3つの柄を私が企画提案させていただきました。

インク・ペン・マスキングテープ

インク・ペン・マスキングテープは3柄自分好みにコレクションできるリフィルです。今までは来場者として参加していましたが、今回自分が作った商品をお客様にご購入いただくのは言葉に言い表せないほどの感動がありました。SNS(交流サイト)などで使っている様子なども拝見でき、今回は作り手として参加できとても感慨深かったです。

文具女子アワードに輝いたのはカンミ堂の「リングリーフ」

「文具女子アワード」とは、文具が好きな女子が選ぶ、文具女子のための文房具の大賞です。各出店メーカーが、文具女子たちに向けた一押しの文具を1商品エントリーし、当日会場に展示されている文具を実際に見て、気に入った商品にその場で投票しランキングをつけるというものです。

最終日に授賞式が行われました

栄えある第3回「文具女子アワード 大賞」に輝いたのは、カンミ堂の「リングリーフ」でした!

文具女子アワード 大賞に輝いたカンミ堂の「リングリーフ」

「リングリーフ」はカードや書類といった印刷物やメモ類をリングノートのリングにつなげて持ち運べる、ダブルリングノート向けふせんパーツです。ダブルリングノートの代表的な2規格(JIS規格/ISO規格)の両方に対応する独自形状で、好きなノートを使用することができます。チケットや写真、ポストカードなど好きなものを簡単にコレクションできるという商品です。

ますます広がる文具女子博に注目!

今年で3回目の開催となった「文具女子博」は入場待機列や、レジの混雑が例年より緩和され、比較的にゆっくりとお買い物が楽しむことができました。来場者数は4日間の合計でのべ3万8000人と昨年の3万5000人を上回りました。20年には「文具女子博petit仙台」や「文具女子博petit名古屋」と地方都市でも開催が決定し、今後は全国的に文具女子熱が過熱するのではないでしょうか? これからも女性向け文房具に熱い視線が注がれそうです。

(文・写真 やまぐちまきこ)

やまぐちまきこ
年間300万PVを超える人気ブログ「フムフムハック」の編集長。文房具を中心に「読んでフムフム・ワクワクする」コンテンツを発信。雑誌やWEBで文具ライターとしても活躍中。フムフムハック:https://www.fumufumu89.com/
注目記事