自分だけのノートづくりも 文具女子博に行ってみた

懐かしいアイテムがそろうヤマトブース

ヤマト糊が大集合

思わず「懐かしい」と思って感じてしまうヤマトブースでは各サイズののりや付箋が大集合。アラビックヤマト、ヤマト糊(のり) ボトル、ヤマト糊 チューブ、固形アラビック YSシリーズ、など見ているだけでワクワクしてしまいます。

固形アラビック-YSシリーズ-115g

先行発売は、こちらのスティックのり「固形アラビック-YS シリーズ-115g」。隣にある一般的なサイズと比べても、その差は歴然! 大容量タイプは広い面に塗布できるので、学校行事やイベント、業務用などの利用に最適です。

「文具女子福」(中央)と「文具女子箱」(右)

ヤマトブースでは、会場限定の人気ステーショナリーをセットにした「文具女子箱」と「文具女子福」の2つが文具女子博限定グッズです。コンパクトなオリジナル巾着袋にヤマトの各種人気付箋が入った「文具女子箱」と13~14年にSHOESbakeryとのコラボ商品として生まれた、専用革ホルダー付きのアラビックヤマト「レザーアラビック」が入った「文具女子福」は1日3個限定ですが、初日から完売続きでした。今年は各メーカー「福袋」や「福箱」といった限定アイテムを出しているところが多く、人気を集めていました。

無料で輪投げを楽しめます

文具女子博会場内には「文具横丁」が登場。「文具浪漫」のテーマに合わせて、定番文具の「セロハンテープ」や「アラビックヤマト」などを使った「セロテープde輪投げ」は無料で輪投げが楽しめます。輪投げが成功すると記念のシールがもらえます。親子で楽しまれている方も多く、文具で遊べるというのも面白い趣向だと感じました。

日本郵便が初参加!「おすそわけ郵便ブース」が初出店

今年から新たに「日本郵便」が文具女子博に参加したのが印象的でした。文具好きの方の中で切手をコレクションしたり、お手紙を書かれる方も多いのではないでしょうか?

その場で切手が購入できます

ブースでは季節に合ったかわいらしい切手がたくさん並びました。「森の贈りものシリーズ第3集」や「伝統色シリーズ第3集」などなど。「冬のグリーティング」はデコボコとしたエンボス加工されていて、こだわりの詰まった切手が大集合。切手を購入すると非売品の「おすそわけのし紙」ももらえます。

ぽすくまのポストが愛らしい

日本郵便の「おすそわけ郵便ブース」では、文具女子博で購入した商品をお友だちに「おすそわけ」することができます。「定形郵便」や「定形外郵便(規格内)」の重さや送料なども書かれているので、文具女子博で買った文具をそのままその場にあるポストに入れて郵送することができます。

メッセージなどを添えるブースも

ブースには重さを測る量りや、メッセージカード、マスキングテープにペンなどもあり、購入した文具をプレゼントする方でにぎわっていました。自分で買うだけでなく、友達や家族などに「おすそわけ」できるのはうれしい趣向だと感じました。

注目記事
次のページ
文具女子博限定コラボ商品を著者が企画