自分だけのノートづくりも 文具女子博に行ってみた

文具女子博2019のテーマは「文具浪漫」
文具女子博2019のテーマは「文具浪漫」

日本最大級の文具の祭典「文具女子博2019」が12月12日~15日の4日間、東京流通センター(東京・大田)で開催されました。「文具女子博」とは「文具好きが最高に楽しめるイベントを!」を合言葉に2017年にスタートしたイベントです。文具の魅力を体験し、その場で購入できるのがこのイベントの特徴。第3回となる今回は、会期を4日間に増やした開催となりました。新しく30社が加わり、過去最多の133社が参加。約5万アイテムの文具が集結しました。今年は「文具浪漫」が、全体のテーマになっており、レトロモダンなデザインの文具や、懐かしい文具とのコラボグッズが見どころとなりました。

連日大勢の人でにぎわった文具女子博

「限定」「先行」「体験型」で人気のDELFONICSブース

連日黒山の人だかりを見せたのが「DELFONICS」ブースです。今回のテーマである「文具浪漫」をイメージした、レトロモダンなイメージのステーショナリーの数々。思わず手に取る人が続出しました。

初日は一部商品が完売するほど大人気

人気が高かったのが「文具女子博2019」でしか手に入らない限定アイテムです。ブルーソーダが描かれたロルバーンポケット付メモL、七色に輝く箔押しが上品なロルバーンポケット付メモ縦型M、タッセル付きのメッセージカード、ラッピングペーパーの全4種は品薄になるほど人気でした。

どこか懐かしい一筆箋やフレークシール

また、20年1月発売予定の新作の「ル ブルトン」シリーズを先行販売。「幼い頃の思い出のデパート」をテーマに、キュートな絵柄をあしらったロルバーンやポーチ、短冊形の細長い便箋「一筆箋」やマスキングテープなどがラインアップ。かわいらしい箱に入ったフレークシール(イラストに沿って1つずつカットされているシール)は、どこか懐かしさを感じさせるレトロかわいいデザインです。

好きなパーツを組み合わせて自分だけのロルバーンが作れます

中でも長蛇の列ができるほど人気だったのが、体験型の「ロルバーンカスタムメイドワークショップ」です。事前に整理券を受け取るのですが、連日すぐなくなるほどの大盛況でした。表紙、メモ、リング、ゴムバンドを、自由に選んで組み合わせ、オリジナルのロルバーンを作ることができます。表紙は文具女子博会場限定デザインの全5柄で、既に売り切れてしまうほど人気の絵柄もありました。

その場で1冊1冊製本してくれます

表紙、メモ、リング、ゴムバンドをセレクトしたらその場で定員さんが製本してくれます。実際にノートが作られる現場を見るのはとても心躍ります。

完成したものがこちら

完成したものがこちらです。今回はお子様ランチ柄にピンクのリングとゴムをセレクト。80年代のレトロかわいいをイメージしてみました。定員さんが1冊1冊手際よく製本されるのは見ていて圧巻でした。DELFONICSブースの人気は「文具女子博限定グッズ」「先行販売」「体験型ワークショップ」の3つが鍵になっているのだと感じました。

次のページ
懐かしいアイテムがそろうヤマトブース