おばあちゃんシャチ 閉経して長生きは「孫のため」

日経ナショナル ジオグラフィック社

ナショナルジオグラフィック日本版

北米の太平洋岸北西部で水面に顔を出すシャチの群れ。シャチは、群れで協力し合って狩りをする(PHOTOGRAPH BY KENNETH BALCOMB, CENTER FOR WHALE RESEARCH)

シャチは、メスが閉経する数少ない哺乳類の1つだ。ヒトも閉経するため、あまり疑問を感じないかもしれない。だが、死ぬ前に繁殖機能を失う閉経は、より多くの子孫を残すほうが有利という進化的な観点と矛盾するため、大きな謎とされてきた。

新たな研究によって、シャチのこの謎の一端が解明された。おばあちゃんシャチがいると、孫の生存率がぐっと上がるという。

太平洋岸北西部で数十年にわたってシャチの群れを分析してきた科学者が、おばあちゃんと一緒にいる孫の方が、そうではないシャチよりも生き延びる確率が高いことを突き止めた。さらに、おばあちゃんシャチが死ぬと、その後2年間は孫の死亡率が大幅に上がることもわかった。シャチは母系集団を形成するので、食料源などの重要な情報を持つ高齢のメスが、群れの生死を左右しているのかもしれない。

今回の研究結果は、学術誌「米国科学アカデミー紀要(PNAS)」に2019年12月9日付けで発表された。「閉経したおばあちゃんシャチの死は、群れにとって大打撃なのです。そのため、今回の研究は保護のための重要なツールになります」と、英ヨーク大学の進化生物学者で、論文の著者の1人であるダン・フランクス氏は述べている。

「知識とリーダーシップを持つおばあちゃんシャチの存在は、子どもにとって大きいのでしょう。環境が厳しいときは特にそうです」とフランクス氏は言う。

シャチは、最大40頭ほどの固く団結した群れを形成し、極地から赤道近くまでの広い範囲に生息している。肉食性で、場所によって魚からクジラまでさまざまな獲物を食べ、狩りを行うときは群れで協力し合う。通常は、オスもメスも生まれた群れの中で一生を過ごすが、近親交配を避けるため、繁殖相手は群れの外から探す。また、シャチのメスは40歳くらいになると繁殖を行わなくなるが、90歳くらいまで生きる。一方、オスの寿命は50歳ほどだ。

国際自然保護連合(IUCN)はシャチを「データ不足」に分類し、絶滅リスクの評価が難しいとしている。しかし、もっとも研究が進んでいる太平洋岸北西部を含め、シャチの生息数は減少傾向にある。主な原因は、有毒化学物質であるPCB、主な獲物であるキングサーモン(マスノスケ)の減少、そして船舶による騒音被害という3つの問題だ。

「これはとても重要な研究です」と、米ワシントンD.C.にあるジョージタウン大学の動物行動学者のジャネット・マン氏は言う。「ですが、おばあちゃんシャチの役割の一端を解き明かしたに過ぎません」。なお氏は今回の研究に関わっていない。