デキる男の装いと振る舞い 女性の視点で総チェック

2019/12/28

初めてのデートで女性ががっかりする男性のファッションとは何か。結婚式のお呼ばれスタイルで「残念」とダメ出しされてしまう服装の失敗例とは――。

2019年下期も、女性の視点で、大人の男性でも見落としがちなコーディネートの間違いを鋭く指摘するコラムが人気を集めました。カジュアル化が進み、きちんとした装いが求められるシーンが減り、上司が服装について指導することも難しくなっています。

失敗から学ぶ大人の男性の正しい服装のあり方、好感を持たれるスタイルについての記事5本をまとめてお届けします。

「次はないかな」女性がイタイいと感じる男のデート服

デートの待ち合わせの場所で相手の男性を見たとたん「来なければよかった」と感じたことがある女性は少なくない(写真はイメージ)=PIXTA

50歳の結婚歴がない人の割合(生涯未婚率)は男性が4人に1人、女性が7人に1人という時代を迎え、出会いの場はより貴重なものとなっています。ただ、服装や小物に細心の注意を払う女性に比べ、男性はデートの服装に意外と無頓着なようです。気になるポイントをあげてみました。

【記事はこちら】
(上)「次はないかな」女性がイタイいと感じる男のデート服
(下)デート中にがっかり 女性が不快になる3つの振る舞い

周りから冷たい視線…結婚式お呼ばれのNGスタイル

結婚式は新郎新婦が主役。参列者は主役を引き立てることを考える必要があります=PIXTA

昔ながらのホテルや結婚式場での挙式・披露宴が減少し、結婚式が多様化しています。ただどんなにカジュアル化したパーティーでも、おしゃれ以上に求められるのが「大人としてきちんと」した「立場相応」の服装であるということ。職場の上司もおめでたい場でのあなたの服装に、注目しているかもしれません。

【記事はこちら】
(上)周りから冷たい視線…結婚式お呼ばれのNGスタイル
(下)昼の結婚式にタキシード? 知っておきたい2つの基本

お受験パパの面接スーツ 鉄板の濃紺、靴下の丈も注意

お受験パパのドレスコードとしては「厳格なビジネススタイル」と同等と考えるくらいがちょうど良いと思います=PIXTA

女性誌ではママのお受験スーツの特集が組まれるのですが、パパの場合はどうでしょう。ダークスーツなら安心だと思っていませんか。面接官は両親の服装の「常識」や「節度」をじっと見ています。実は子の面接に挑むパパの装いには、ビジネススタイル以上に気をつけるべき盲点があるのです。

【記事はこちら】
お受験パパの面接スーツ 鉄板の濃紺、靴下の丈も注意

2回目のデート、男は何を着るべきか?

1回目に会った時は、すっかり意気投合。なのに、2回目に会ったらいきなり距離を置かれる。その原因のひとつ、それはファッションかもしれません

合コンや飲み会など、最初の出会いの場はビジネススーツでOKでも、男性が頭を悩ませるのが2度目以降のデートです。週末にドライブでリゾートを訪れたり、ちょっとおしゃれなビストロで食事をしたりするとき、あたなの私服には厳しいチェックが入るのです。

【記事はこちら】
2回目のデート、男は何を着るべきか?

ジムウエアに野性味不要 ベーシックカラーが筋肉映え

ほどよく自然なフィット感の、筋肉映えするカッティングのウエアを選べば、ジムの中で際立った存在に=PIXTA

フィットネスブームを迎え、男性も女性もきれいな体を求める傾向が一段と強まっているようです。引き締まったスタイルは服装も映え、健康にもなります。筋肉も自信もついてくると、ジムウエアも新調したくなるもの。であれば、ちょっと見栄えのいいウエアを選んでみませんか。

【記事はこちら】
ジムウエアに野性味不要 ベーシックカラーが筋肉映え

SUITS OF THE YEAR 2019
男と女 ときめくギフト
Watch Special 2019