powered by 大人のレストランガイド

独仏のおいしさいいとこ取り 華麗で豪快アルザス料理

東京・浅草橋の店「ジョンティ」のアルザス定番料理「シュークルート」(大、2000円・税別)。シュークルートとは肉や魚と発酵したキャベツの塩漬けを煮込んだ料理だ
東京・浅草橋の店「ジョンティ」のアルザス定番料理「シュークルート」(大、2000円・税別)。シュークルートとは肉や魚と発酵したキャベツの塩漬けを煮込んだ料理だ

2016年、フランスはそれまであった22の地域圏を13に再編、一部の地域圏は統合などにより名称が変更した。そうした中、パリを中心としたイル・ド・フランス地方に接するフランス北東部のシャンパーニュ=アルデンヌ、ロレーヌ、アルザス地方は、新たにグラン・テスト地域圏として出発。

「これまで海外からの旅行者は、パリからニースなど南フランスを周るのが主な観光ルートだったが、地域圏としてまとまったことで、これからはブルゴーニュ、ボルドーと並ぶワイン産地であるシャンパーニュとアルザスを有するグラン・テストへの観光ルートの拡大が期待できそうだ」と19年秋来日したグラン・テスト地方圏議会議長ジャン・ロットネールさんは話していた。特に注目が高まりそうなのが、ドイツやスイスと国境を接するアルザス地方。ドイツ領だった時期もあり、食文化でも同国の影響が強い地方だ。

09年、東京・浅草橋でアルザス料理店「ジョンティ」をオープンしたラ・スール オウミヤ社長の富田裕之さんも、最近、アルザスへの関心が高まってきていると肌で感じている。「今でも『アルザスってどこ?』というお客様は多いのですが、この頃は現地のお薦めレストランを尋ねるなど、実際アルザスに行ってみたいという方が格段に多くなりました。もう何十組にもなります」と言う。

富田さんとアルザスとの出合いは、フロアスタッフとしてワインの品ぞろえが豊富な和食店に勤めていたときのこと。フランスワインの魅力に目覚め、同店で働きながら20代前半でソムリエの資格を取得。フランスにワインの勉強をしに行く機会を得た。2度目の渡仏で、以前ボルドーやシャンパーニュといったワインの銘醸地を訪れたことはあったが、アルザスは初めて。同地に足を踏み入れると、それまで抱いていたフランスのイメージとはまるで異なる景色が広がっていたと言う。

温かな雰囲気の「ジョンティ」店内。店名は単一品種のワインが多いアルザスでは珍しいブレンドワイン「ジョンティ」より

「うわ、なんだここ」

目に飛び込んできたのは、フランスの他の銘醸地とは異なり、ドイツ風のカラフルな木組みの家が並び花々が窓を飾るかわいらしい街だった。「ワインもスレンダーできれいな瓶に入っていて、花のような香りのものもある。ところが料理は、うってかわり飾り気がなくて武骨。しかもすごいボリュームで出てくる。そのギャップが楽しかったですね」と富田さんは振り返る。

アルザスのワインはほとんどが白ワイン。写真もすべて白で、左よりジョンティ(ブレンド)、リースリング種、シルヴァネール種のワイン
メールマガジン登録
大人のレストランガイド