powered by 大人のレストランガイド

楽しい、映える! プロジェクションマッピング飲食店

「Molecu-L.」のカウンター席。目まぐるしく変わる映像が圧巻!
「Molecu-L.」のカウンター席。目まぐるしく変わる映像が圧巻!

アミューズメントパークや大きな建物に映し出されるプロジェクションマッピング。見慣れた建物が瞬時に巨大なスクリーンへと変わり、効果音に合わせて映像が七変化する様子は幻想的で感動的だ。近年、このような非日常的な体験ができる飲食店が登場し始めた。今回は、店内の壁やテーブルの上でプロジェクションマッピングの演出を楽しみながら食事ができる、そんな話題の飲食店をチェックしてみよう。

まずは欧州などで近年増えている分子調理の技術を和食に駆使した新感覚レストラン「Molecu-L. (モリキュール)」(東京・上野)。入店してまず驚くのは、カウンター前の壁全面に映し出されるプロジェクションマッピングの迫力ある映像だ(写真上)。

一列に並んだ日本酒の背景で炎が激しく燃え上がったり、桜が舞ったかと思えば、夏の花火、美しい雪景色に変わったり。日本の四季折々の風景や、赤富士といった日本文化を象徴する映像などがどんどん流れてきて客を飽きさせない。映像に合わせて和楽器の効果音なども流れてくるので、画面が変わるたびにテンションが高まり、会話が盛り上がる。

目の前で薫製される「和牛の肉じゃが」。背景は炎の映像に

圧倒させられるのは映像ばかりではない。料理はコースが基本(6000円~・税別)で、日本庭園の枯れ山水をイメージした前菜や、衣と牛メンチが別々に調理されて盛られたメンチカツなど、提供されるたびに分子調理の不思議な世界に引き込まれていく。

中でも盛り上がるのが「和牛の肉じゃが」。和牛肉は真空低温調理し、ジャガイモはペースト状にしたものが一緒に盛られている。それを客の目の前で薫製にしてくれるので、煙が広がり香ばしい匂いが漂う。それを盛り上げるように背景の映像は激しく燃え上がる炎に変化。調理パフォーマンスも映像もフォトジェニックで、撮影せずにはいられない。また実際に味わってみると、見た目は肉じゃがっぽくないのだが、口の中が本当に香ばしい「肉じゃが」なのでそれも面白い。

「Molecu-L.」の日本酒ペアリングは外国人の客にも人気だ

一方、ホタテやカニ、イカなどを使った茶わん蒸しは、海をイメージして表面に水色のジュレがかけてあって美しい。「液体窒素を器の下にしのばせた冷製茶わん蒸しなので、白い湯気が美しく漂い、この一品も撮影に大人気。映像もそれに合わせて海の映像に切り替わり、クジラが泳いでいる映像になります」とマネージャーの石浜耕平さん。料理と映像のマッチングも一興だ。

酒はビールやワインなど一通りそろえているが、特に人気なのは料理一品一品に合わせた日本酒のペアリング(料理9品、日本酒7種のコースで1万5000円・税別)。全国各地の銘酒と料理との相性を説明してくれる。英語でも説明してくれるので、外国人客にも人気だ。

分子ガストロノミーで「和食の常識を覆す」というコンセプトの店らしく、映像も料理も斬新。日本の伝統芸術を表現することにこだわっている点が外国人客に薦めたい理由だ。

メールマガジン登録
大人のレストランガイド
ラーメン・レシピ・コンテスト
注目記事
メールマガジン登録
大人のレストランガイド
ラーメン・レシピ・コンテスト