ふわ胸、もも尻をかなえる 肩甲骨・股関節ストレッチ

日経ヘルス

美ボディーをつくるには肩甲骨と股関節のストレッチが決め手に
美ボディーをつくるには肩甲骨と股関節のストレッチが決め手に
日経ヘルス

欲しいのはたくましい手脚でなく、すてきに服を着こなせる女性らしいボディー。スキンケアで美肌を磨くように、毎日のストレッチで美ボディーをつくる――。そんなメソッドを紹介します。

◇  ◇  ◇

胸やお尻が垂れるのを気にして筋トレする女性が多い。だが、「ふんわり女性らしい胸や、きゅっと引き上がった小尻を手に入れたいなら、まずやるべきことはストレッチ」というのは、フリーアナウンサーの田中みな実さんをはじめ、多くのタレントのトレーニングを手がけるパーソナルトレーナーの玉置達彦さんだ。

玉置さんは「胸が垂れる原因は、猫背などで胸を下に向けた姿勢。そのままの姿勢が続くと、重力に負けて胸が垂れやすい」という。腕の振りが小さくなるため、二の腕に脂肪もつきやすくなるという。

「上向きのふんわりやわらかい胸も、引き締まった二の腕も、実は要は肩甲骨。硬くなった肩甲骨をほぐせば、胸が開いて、バストも引き上がる」と話す。

一方、ヒップアップで重要なのは股関節だ。「股関節が硬いと歩幅が小さくなり、お尻を使わず脚だけで歩くようになる。これがお尻が垂れる要因。股関節をほぐすことがヒップアップへの近道」(玉置さん)。

背中ほぐしてふんわり胸 二の腕引き締まる肩甲骨ストレッチ

パソコンやスマホの使用時間が長い人、ハイヒールを愛用する人などは、背中が丸くなり、首が前に出やすい。ここで紹介する肩甲骨ストレッチは、そんなガチガチに凝り固まった背中をほぐすもの。

「ふんわり上向きのバストを望むなら、胸を鍛えるより肩甲骨をほぐすほうが効果的。肩甲骨が大きく動かせると、背中のこわばりが解消し、胸が開いてバストが自然と上を向く。腕を大きく動かせるようになるので、二の腕も引き締まりやすい」と玉置さん。

肩甲骨の動きを良くするにはステップ1を。ステップ2のエクサも加えれば、肩甲骨を正しい位置で使えるようになる。

●背中の筋肉の凝りをとる「肩甲骨ほぐし」

まずは、前かがみになりがちな肩を正しい位置に戻して猫背を解消。胸が開くと、バストは自然に上を向く。デコルテラインもすっきりして小顔効果も。

(1)足を肩幅に開いて立ち、両手を肩甲骨ごと前にひっぱるように伸ばしながら、手のひらを外側に回転させる。手首ではなく、腕全体を絞るように回転させる。(2)両手のひらを上に向けながら、ひじを背中側に引き、肩甲骨を寄せる。お尻やおなかが突き出たりしないよう姿勢をキープ。「伸ばす」「緩める」のメリハリを意識して。
注目記事
今こそ始める学び特集