powered by 大人のレストランガイド

ワイン選べる自分、近道は資格 まずフランスから挑戦エンジョイ・ワイン(21)

勉強のためのワイン選びならソムリエのいるワインショップがおすすめ(エノテカGINZA SIX店)
勉強のためのワイン選びならソムリエのいるワインショップがおすすめ(エノテカGINZA SIX店)

ワインは好きだが、種類が多すぎて何をどう選べばよいのかわからない。ビジネスディナーでワインを飲む機会が増えたが、会話についていけない……。そんな悩みをよく聞く。どうすれば、自分でワインを選べるようになったり、会食でのワイン談義を楽しめたりする知識が身に付くのか。効果的な勉強法や役に立つ飲み方などをまとめた。

「好きなワインをもっと楽しみたいと思い、資格取得を目標に勉強を始めたら、いつの間にかラベルを見ただけでそのワインがどんな味なのか想像できるようになった」。こう話すのは会社員の手塚功一郎さん(50)だ。

10年ほど前にワインを日常的に飲み始めてすぐに資格の取得を思い立ち、世界的な資格であるWSET(ダブリュー・エス・イー・ティー)に挑戦した。2017年にWSETの上級資格である「レベル4・ディプロマ」を取得。今では、仲間内のワイン会で講師をお願いされるほどワインに詳しくなり、「以前にもましてワインを飲むことが楽しくなった」と話す。

手塚さんの例が示す通り、ワインに詳しくなる一番の近道は、ずばり、ワインの資格に挑戦することだ。資格試験は専用の教科書があり、教科書をきちんと勉強すれば、知識を基礎から体系的に学ぶことができる。ワインに関する本はちまたにあふれているが、ワインの基礎知識がない人が読んでも、情報が断片的であるため、頭に残らないことが多い。また、資格取得という目標ができることで、勉強にも身が入りやすい。

資格試験はハードルが高いというイメージもあるが、必ずしもそうではない。

一般向けのワイン資格で最も有名なのは、日本ソムリエ協会(JSA)が認定する「ワインエキスパート」だ。同協会の資格には「ソムリエ」もあるが、両者の違いは受験資格。ソムリエは、ワイン業界やレストラン業界などで働いている人でないと受験できないが、ワインエキスパートは20歳以上なら誰でも受験できる。

JSAのホームページによると、毎年約3000人が受験し、合格率は平均30%台。18年までの累計合格者数は1万5675人で、女性が3分の2を占める。教科書は分厚いが、暗記中心なので、コツコツ勉強すればけっして難しい試験ではない。ワインエキスパートの上には「ワインエキスパート・エクセレンス(旧シニアワインエキスパート)」という上級資格もある。

メールマガジン登録
大人のレストランガイド
ラーメン・レシピ・コンテスト
注目記事
メールマガジン登録
大人のレストランガイド
ラーメン・レシピ・コンテスト