スーツ×タートルでホテルバーへ 上品な大人の色気「お酒と装い」紳士の教養:カクテル

MEN’S EX

2020/1/4
MEN'S EX

ラグジュアリーなホテルバーに赴くなら、オーセンティックバーとは趣向を変えた服装で臨むのがいい。よりモダンでエレガントなムードにまとめたいところだが、いかにも仕事然とした服装よりは、夜にふさわしい色気を匂わせると理想的。ただ、派手に盛るのはご法度。むしろ極力シンプルにまとめつつ、色と素材で艶を感じさせるのが紳士の流儀というものだ。ミニマルなだけに時計など小物に気を抜かないことも重要。




抑制しつつ色気を放つ。このバランスが肝

Point 1:シンプルな紺黒でストイックに
正統派な濃紺ストライプスーツも、インナーを黒のタートルニットに変えるだけで艶めく装いに。ポイントは素材感で、繊細でほんのり光沢感のあるもので統一するとよい。

スーツ18万円/ポール・スチュアート(ポール・スチュアート 青山店) ニット2万3000円/マッキントッシュ ロンドン(SANYO SHOKAI) 時計121万円/ゼニス(LVMH ウォッチ・ジュエリー ジャパン ゼニス)

Point 2:金時計の艶は夜にこそ映える
ゴールドケースのドレスウォッチは、昼においては品格を印象づけるが、夜の灯りの下では妖艶な顔も覗かせる。ストイックな装いにキラリと光る輝きが絶好のアクセントに。

SUITS OF THE YEAR 2019
男と女 ときめくギフト
Watch Special 2019