オーセンティックバー 決めすぎないトラッドが映える「お酒と装い」紳士の教養:シングルモルト

MEN’S EX

2020/1/4
MEN'S EX

ソロキャンプやソロ旅など“一人の時間”の価値が注目されている。が、その多くはまとまった時間が必要で、敷居の高さを感じる場合も多い。しかし大人には“バー”という身近なオアシスがある。静謐な空間で密やかに愉しむお酒は、洒落心ある紳士の嗜みに最適。そのイロハを紹介しよう。




オーセンティックバーでは、“自分を律しながらお酒に酔う”のが基本姿勢。ゆえに服装も一定の品位を心がけて訪れると粋に映るし、自身もバーのムードに心地よく浸れる。そんなシーンに最適な装いといえばやはりトラッドスタイル。が、堅苦しくまとめず適度なヌケを漂わせると、温かみのある空間と最高にマッチする。春ならリネン、秋冬ならコーデュロイのスーツを基調にすると、最高に映えるだろう。

Point 1:温かみを感じるコーデュロイスーツ
カントリーな趣が漂うタバコブラウンのコーデュロイスーツは、ウッディなオーセンティックバーに最適。品格を演出しつつ堅苦しく見せない塩梅がバーの装いの要だ。

ジャケット7万3000円、パンツ2万9000円/以上マッキントッシュ ロンドン(SANYO SHOKAI) シャツ2万6000円/インディビジュアライズド シャツ(ユーソニアングッズストア) タイ1万1000円/ルイジ ボレッリ(バインド ピーアール) 時計80万円/ゼニス(LVMH ウォッチ・ジュエリー ジャパン ゼニス)

Point 2:Vゾーンにも“ヌケ”を意識して
トラッドを意識しつつ、チェックシャツにニットタイで適度なヌケを意識。写真のように、BDシャツの襟先ボタンを外してニュアンスをつけたりしても小粋に映える。

SUITS OF THE YEAR 2019
男と女 ときめくギフト
Watch Special 2019