馬主体験や夜の清水寺 プラチナカードのリッチな特典ポイント賢者への道(145)

NIKKEIプラス1

クレジットカードの中で年会費が比較的高い「プラチナカード」について以前、様々な特典を紹介しました。今回はカード会員として実際に参加したイベントについてお話しします。

今年9月、千葉県の幕張海浜公園で開催されたのがエアレースです。パイロットが専用飛行機を操りタイムを競うレースです。空気で膨らませた巨大な円すい形状のパイロンを海上に建て、その間を通過したり、空中を回転したりするさまは迫力満点。観客席は全席有料でしたが、筆者はペア券が当たる「レクサス東京エムアイカードプラス プラチナ」の会員向け抽選に応募して当選しました。対象券は価格が1人3万円なので2人で6万円。これだけでカード年会費(税抜き、5万5000円)分をほぼ補えました。

11月にはダイナースクラブカードの馬主体験ツアーで東京競馬場(東京都府中市)に行ってきました。パドックや地下馬道などバックヤードを巡り、馬主の気分を味わえます。特に、通常は入れない貴賓室(通称ダービールーム)での競馬観戦は格別でした。このイベントは募集人数30人に対して300人近くが応募したようです。抽選に当選しても有料ですが、競馬ファンならずともたまらない思い出になりました。

アメックスでは京都の清水寺を夜間に特別拝観できるイベントがあります。ためたポイントでの参加も可能です。会員限定の貸し切りとなり、通常は非公開のエリアも拝観できます。他にも花火大会での専用席を用意するイベントや、人気テーマパークを貸し切るイベントなどもあります。

こうしたプラチナカードなどの特典イベントは、ポイント還元などと比べると費用対効果がわかりにくい面があります。それでも、めったにできないような体験ができて魅力的です。

菊地崇仁
北海道札幌市出身。1998年に法政大学工学部を卒業後、NTTに入社。社内システムやLモードの料金システムの開発などに携わり、2002年に退社。同年、友人と共に起業し、システムの設計・開発・運用を行う。06年、ポイント交換案内サービス・ポイ探の開発に携わり、11年3月代表取締役に就任。一般からプラチナまで、57枚のクレジットカードを所有。

[NIKKEIプラス1 2019年12月21日付]

近づくキャッシュレス社会
ビジネスパーソンの住まいと暮らし
近づくキャッシュレス社会
ビジネスパーソンの住まいと暮らし