桐・竹・メイプル 木製ヘッドホン、音の違い聴き比べ「年の差30」最新AV探訪

ハウジングに木材を使うと、音質にはどう影響するのか。3種類のヘッドホンを聴き比べた
ハウジングに木材を使うと、音質にはどう影響するのか。3種類のヘッドホンを聴き比べた

本体外側のハウジング部分に木材を使用したヘッドホンは、見た目に温かみがあるだけでなく音にも特徴があり、オーディオメーカー各社はその響きを生かした製品を作っている。今回は桐(きり)、竹、メイプルという異なる素材を使った3つのヘッドホンを、平成生まれのライターと昭和世代のオーディオ・ビジュアル評論家が聴き比べた。

豊かな響きと広がりが特徴

小沼理(27歳のライター) 今回はハウジングに「木」の素材を使ったヘッドホンを聴き比べます。それにしてもヘッドホンに使われる木材がメーカーによって異なるのには驚きました。

小原由夫(55歳のオーディオ・ビジュアル評論家) こういう比較は日本メーカーならではの企画なんです。木を使うことにこだわるメーカーは、日本には多いですから。

小沼 そもそもの話ですけど、木を使ったヘッドホンにはどんな特徴があるんでしょう?

小原 木材特有の豊かな響きや、広がりが生まれます。最近はスピーカーもヘッドホンも、ハウジングには硬い素材を使って全体を響かせないのが主流。こうすると余計な音をつけず、ドライバーユニットから出した音をそのまま聞かせることができるんです。一方、木のハウジングは適度に共振があるので、振動して音に影響します。その響きをあえて生かしたのが木のヘッドホンですね。

小沼 外見だけではなくて音にも影響するんですね。

小原 今回は桐を使ったONKYO「SN-1」、竹を使ったDENON「AH-D9200」、メイプルを使ったオーディオテクニカ「ATH-WP900」の3つをそろえました。それぞれにまったく違うキャラクターがあるので、聴き応えがありますよ。

【桐】澄み切った音が魅力/「SN-1」

福島県会津地方産の桐を使ったONKYO「SN-1」(実勢価格36万3000円前後 ※価格は19年12月下旬、家電量販店のネットショップで調査。税込み、以下同)

小沼 まずはONKYO「SN-1」。高級和楽器などにも使われる、福島県会津地方産の桐を使っています。価格は税込みで36万円と、今回の中では一番高額。開発したONKYOからは、こんなコメントをもらっています。

桐は日本古来の和楽器に用いられ、中でも箏(そう)や琵琶に使われる素材です。多孔質で音の濁りが少なく、倍音までもきれいに響かせる性質に注目しました。「SN-1」では、一つ一つの音の距離感を明瞭に再現し、現場でその音を聞いているような、どの音が強調されるわけでもない自然な音を目指しました。(ONKYO)

小原 桐というと、僕からすると桐タンスとか、高級な日本酒が入っている箱のイメージ。小沼さん、いかがでしたか?

小沼 僕は音質だけで言えば一番よかったです。とにかく、音自体がきれいなんですよ。澄み切っていて、音に聴きほれる感覚を味わえました。

小原 たしかに、すごくきれいな音ですよね。桐は軽い木材なので音が響きすぎるんじゃないかと思っていたけど、「SN-1」はハウジングの内側にうろこのような彫りを入れて、響きをコントロールしている。この工夫には感心しました。ただ、僕個人としては物足りなかった。

ハウジングの内側に、「綾杉彫り」と呼ばれる筝に使われる技法を取り入れ音質をコントロールしている

小沼 どんなところが物足りなかったのでしょう?

小原 絶対的な低音が足りないんですよ。クラシックやジャズを聴いたとき、打楽器やベースの量感が足りなくて、ぐっとこない。ビートの効いた音楽には向かないと感じます。静かな弦楽四重奏やピアノソナタ、シンプルなボーカルには最適だと思いますけどね。全体としては、きれいな音に陶酔することはできるけど、音楽に乗ることができないと感じました。

小沼 デザインはどうでしょうか? 塗装も最小限にとどめ、桐の素材感を生かしています。

最小限の塗装で、桐の質感を生かしたデザイン

小原 「SN-1」は約36万円という価格ですが、もっと値段相応の高級感がほしかった。購入時は大きな桐箱に入っていて高級感がありますが、本体は案外素朴ですよね。

小沼 いかにも高そうに見えるわけではないシンプルさが好きだという人もいると思うので、この点は好みによるかもしれませんね。

MONO TRENDY連載記事一覧
注目記事
次のページ
【竹】音のバランスが絶妙/「AH-D9200」
MONO TRENDY連載記事一覧