ラグビー代表 コーチが明かす「疲れない体」の作り方ラグビー日本代表S&Cコーチに聞く(中)

日経Gooday

ラグビー日本代表選手の体力強化やリカバリー管理を務めたS&Cコーチの太田千尋さん
ラグビー日本代表選手の体力強化やリカバリー管理を務めたS&Cコーチの太田千尋さん

初の自国開催となったラグビーワールドカップ2019(W杯)で、8強入りを果たした日本代表選手たちの体力強化やリカバリー(回復)管理を務めたストレングス&コンディショニング(以下、S&C)コーチの太田千尋さん。今回は、デジタル機器を使ったコンディショニング方法や、体の回復力を高め、筋肉を成長させるために重要な睡眠の取り方などについて聞いた。

練習量や疲労度をデジタル管理

――前回記事「ラグビー日本代表 快挙支えたトレーニングの裏側」で、選手のコンディション管理をするために、GPS(全地球測位システム)などのデジタル機器を活用しているとおっしゃっていました。どのように活用されているのでしょうか。

太田:昔は、選手自身が体調や疲労度などを紙に書いて、それをトレーナーが見てチェックするというアナログ方式でした。私が2013年にアシスタントS&Cコーチとして日本代表チームに参加したときは、既にデジタル機器でコンディション管理をしていましたが、当時はこうしたデジタル機器を使って管理しているスポーツは珍しかったと思います。入力する選手もチェックするトレーナーも簡便にできることから、今はラグビー以外のスポーツでもデジタル化が進んでいると思います。

私たちは、具体的には「ONE TAP SPORTS」および「VX Sport Wellness」というウエブブラウザを使っています。疲労度や睡眠時間、睡眠の質、上半身や下半身の筋肉の痛みなどを、個人のスマートフォンから選手の主観で入力します。操作は簡単で、ビジュアルアナログスケールというカーソルを左右に指で動かして、0~100の数値で自己評価するだけ。何かあればコメント欄に連絡事項を記入し、そうしたデータが僕らのところに飛んできます。

「ONE TAP SPORTS」の画面イメージ。このように自分のコンディションなどを選手が入力して送信する

体調だけでなく主観的な練習強度や、練習の質と強度を掛け合わせたトレーニングロード(負荷)を定量的に示すことで、どの程度の負荷がかかるとどの程度選手が疲労度を感じるかを知ることができ、事前に練習強度の設計や疲労回復計画を立てることが可能です。また、負荷がかかりそうな練習が控えているときに選手の疲労度が高い場合は、メディカルトレーナーに体の状態を詳しく評価してもらい、練習量を減らすのか負荷のかけ方を変えるのかを検討します。基本的には完全に休ませるのではなく、何ができるかを探ることが重要です。

具体的な流れは、起床後に選手に入力してもらい、40人の選手の朝の状態をトレーナーとコーチが共有し、練習のボリュームと体のケアの方法を考え、調整します。

さらに練習や試合中にGPSや心拍数計を選手に装着してもらい、走行距離などのデータも判断材料に、選手の体を追い込みつつ、リカバリーも調整しています。強化の例で言えば、試合中の選手の運動強度をデータで取り、練習ではそれに対して10%、20%強度の高い状態で正しい判断やプレー、高い質の動きが実行できるよう挑戦させます。トレーニング負荷と疲労の評価は、ハイパフォーマンスを実現するためのこうした練習に必要不可欠な情報といえます。

――運動強度というのは何でしょうか?

太田:一つは時間当たりのスピードです。例えば、試合なら1分当たり60~70mぐらいの移動距離になります。短いように思えますが、その間にタックルしたり、サポートしたり、スクラムを組んだりするので運動強度はとても高い。その60mという距離を100m、120mと伸ばしていき、その間、タックルやスクラムなどを入れる練習をすると、強度がさらに上がります。

また、攻守の切り替えも多いラグビーでは、高強度の加速度(2.5メートル毎秒毎秒以上)での加速回数が多いかどうかも評価します。こうして強度を上げると心拍数も上がり、その状況の中で正確なスキル、正しい判断ができるように鍛えれば、試合中で苦しいときでも、さらに冷静な判断ができるわけです。日本代表は、試合の強度のプラス20%ほどの練習を目標にしていました。

ウェルエイジング 健康で豊かな人生のヒント
次のページ
8時間以上の睡眠がケガのリスクを抑える
ウェルエイジング 健康で豊かな人生のヒント