2019年家電は「個電」が人気 調理器具はダイニングへ

2019年の白物家電のトレンドを振り返る
2019年の白物家電のトレンドを振り返る

モノから振り返ると2019年はどんな一年だったのか。「文具」「AV機器」に続く、最終回は「家電」を取り上げる。家電コーディネーターの戸井田園子さんによると、目立ったのは「家電の常識」が変わったことを実感させる製品だったという。そこには「家電」から「個電」、「キッチン家電」から「ダイニング家電」への変化があった。

対象は個人。「家電」から「個電」へ

これまで日本の家電メーカーは「4人家族」を「標準世帯」と想定して、家電を開発してきました。しかし2015年の国勢調査を見ると、日本の一般世帯数のうち、1人暮らしの「単独世帯」が占める割合は34.6%、「夫婦のみの世帯」が20.1。2つを足すと50%を超えます。4人家族を前提に開発された「家電」が現実的ではなくなってきているのです。

2019年はそんな家庭事情を反映し、「一人暮らし」や「夫婦のみ」という人たちに照準を合わせた家電が数多く登場しました。これらは家族ではなく個人で使う、「個電」というべき存在です。

個人で使うことを想定した製品といえば、夏に爆発的ヒットとなったモバイル扇風機を思い浮かべてもらえるとイメージしやすいかもしれません。これまで空調は部屋単位で管理するのが当たり前でしたが、個人が管理する時代になったのです。

Francfranc の「フレ 2WAY ハンディファン」。個電の代表的な製品がハンディファン。これまでリビングで首を振っていた扇風機が、片手で持てるサイズになり、よりパーソナルなアイテムに

空気の温度だけでなく、湿度や質も個人で管理するようになってきています。例えばポータブル空気清浄機「Leaf Portable」(カドー)は、500ミリリットルのペットボトルとほぼ同じサイズながら高性能フィルターを搭載。花粉やPM2.5をしっかり除去します。自分のデスクに設置したり、旅行先のホテルで使用したりと、ごく狭い範囲の空気をクリーンに保つ目的で作られました。同様の製品は、ダイソンなどの他メーカーからも発売されています。

カドーの「Leaf Portable」。USB給電だから、海外出張でも電圧の違いを気にせず携帯可能

調理家電にも、個電は浸透し始めています。「<炊きたて>土鍋ご泡火炊きJPG-S100」(タイガー)は、1合炊きのおいしさを極める「料亭炊き」機能を搭載。「夫婦2人分のごはんをおいしく食べたい」という家庭に支持されヒットしました。

タイガーの「<炊きたて>土鍋ご泡火炊き JPG-S100」。5.5合炊きだが、専用の土鍋中ぶたを使えば1合の白米をおいしく炊きあげられる

4月に登場し初回出荷分が予約時点で完売したトースター「ブレッドオーブン」(三菱電機)は、3万円のトースターですが、1度に1枚しか焼けない。いかにパンがおいしく焼けるとはいえ、これまでの常識では考えられない製品です。しかし、1人暮らしなら問題ありません(記事「1枚しか焼けない3万円トースター 完売の秘密は?」参照)。

1度に1枚しか焼けないトースター、三菱電機の「ブレッドオーブン」も個電の代表

さらに生活スタイルの変化も影響しています。最近は子育てをしながら共働きをしている家庭も増えています。親も子どももバラバラに朝食をとっている家庭なら、1度に焼くパンの枚数が1枚でも問題ない。多人数の家庭でも1人ずつ使う個電が求められているというわけです。

ちなみに共働き家庭が増え、生活時間がバラバラになった影響で、冷蔵庫や洗濯機は大型化が進んでいます。「いざというときにあわてないように食材をまとめて買っておく」「洗濯は時間があるときにまとめてすませる」というニーズがあるので、人数が少ない家族でも大型を選ぶようになったのです。

MONO TRENDY連載記事一覧
注目記事
次のページ
キッチン家電からダイニング家電へ
MONO TRENDY連載記事一覧