驚きの筆記具・競馬新聞紙メモ…2019年の名作文具たち納富廉邦のステーショナリー進化形

長年文具を見続けたライターの納富廉邦氏が、2019年に印象に残った製品を紹介する
長年文具を見続けたライターの納富廉邦氏が、2019年に印象に残った製品を紹介する

ここ数年、日本の文房具は技術的にもデザイン的にも、かなりハイレベルに達して、画期的な製品や、極端な大ヒット製品は出ていない。それよりもむしろ、その高い技術力や新しい素材などを上手に使って、従来の文房具の不満点を解決したり、より便利に使えるようにすることで、用途や使用範囲を広げたりといった製品が増えている。それは、道具としての完成度がとても高くなっているということでもあり、そういった製品が安価に購入できることも含めて、ユーザーにとっては、とてもありがたいことでもある。

ここでは、2019年の文房具を振り返って、これは名作と思われるものを5点選んでみた。現在の文房具、特に学生向き、子供向きというより、ビジネスマンやフリーランスの働く人に向けた文房具を対象に選んだので、興味があったら、すぐに購入して使ってみてほしい。

クリッカート/サインペンなのにノック式

ノック式のサインペン「クリッカート」(ゼブラ、100円+税)。全36色。線幅0.6ミリ

最初に挙げるのは、ゼブラのノック式サインペン「クリッカート」だ。この製品が出た時には、多くの文具好きが驚いた。キャップなどなしではペン先からインクが蒸発して、書けなくなってしまう水性サインペンなのに、普通のノック式というのは筆記具の常識としては考えられないものだったのだ。ノック式の蛍光マーカーやサインペンがなかったわけではないが、それらはペン先にシャッターのような形で蓋が付いていて、ノックと同時に蓋が開き、芯が出てくるという仕組みのもので、通常のノック式ボールペンのようなシンプルな構造ではなく、それだけペン先も大きく、ノックの動作も大きく重かった。

ところが、この「クリッカート」は普通のボールペンと同じく、ペン先には穴が開いていて、ノックすれば芯が出る構造。だから普通のサインペンのように細い軸デザインになっているし、使い勝手もボールペンと変わらない。そのおかげで、サインペンをボールペンのような普段のメモ書きなどにも楽に使えるようになったのは、とても大きい。いわゆる低粘度油性ボールペンよりも軽く、スイスイと書けて、筆跡も発色も濃く鮮やかで見やすい。価格も税別100円と安価で、デザインもスッキリ。老眼が気になる目には、この見やすさが、とてもありがたいのだ。

購入時に付いているキャップを外してから約1年はインクが乾かず、普通のノック式ペンとして使える。メモ用のペンとして使うと、この快適さを十分に味わえる

空気中の水分を吸収して潤いを約50週間保つというモイストキープインクの開発と、白を基調にした使う人を選ばないデザイン、それをこの低価格で発売する戦略性も含めて、2019年の文房具を代表する製品ではないかと思っている(記事「メーンの筆記具にしたい快適さ 個性派サインペン続々」参照)。

注目記事
次のページ
nameLUNA/指をぬらす器具の画期的な進化
今こそ始める学び特集