混雑した高速道SA・PA対策に 人気弁当、車中で舌鼓連載 高速道路グルメ「弁当」編

関東近郊の高速道路で購入できる注目の弁当を紹介する
関東近郊の高速道路で購入できる注目の弁当を紹介する

混雑した高速道路のサービスエリア(SA)やパーキングエリア(PA)で、頼りになるのがショッピングコーナーなどで売っている弁当だ。手に入れれば、飲食店の行列に加わることなく、好きなタイミングで食事を楽しむことができる。そこで今回は、関東近郊の高速道路で購入できる注目の弁当をピックアップした。

羽生PA「真イカおこわ」

羽生PA「真イカおこわ」(1080円)。提供時間午前9時~午後8時

埼玉県羽生市にある東北自動車道・Pasar羽生(羽生PA・下り)の「おこわ米八」では、店内で毎日炊かれている手作りのおこわをイカに詰めて煮込んだ「真イカおこわ」が購入できる。真イカおこわはPasar羽生と東北自動車道・Pasar蓮田(蓮田PA・上り)限定の人気商品で、お土産品としても購入する人も多いそうだ。

湾岸幕張PA「千葉の恵み ふさむすび」

湾岸幕張PA「千葉の恵み ふさむすび」(596円)。土日祝限定、提供時間午前9時~午後7時(上り)、午前9時~午後8時(下り)、いずれも売り切れ次第終了

千葉県千葉市にある東関東自動車道・湾岸幕張PA(上下)では、千葉のブランド米「ふさこがね」のおむすびが詰められた「千葉の恵み ふさむすび」が購入できる。おむすびの具材はニンジン、あさり、おかかの3種類。千葉県産の野菜だけでなく、塩焼きされた銚子のサンマも添えられている。販売は土日祝のみだが、年末年始に関しては湾岸幕張PA(上り)は19年12月31日~20年1月3日、湾岸幕張PA(下り)では20年1月1日~3日も販売する予定だという(数に限りあり)。

海老名SA「箱根山麓豚弁当 カルビ&ロース」

海老名SA「箱根山麓豚弁当 カルビ&ロース」(1080円)。提供時間24時間

神奈川県海老名市にある東名高速道路・海老名SA(下り)では、ブランド豚「箱根山麓豚」を使った「箱根山麓豚弁当 カルビ&ロース」が購入できる。お肉は甘だれがかけられたカルビとロース、ご飯の上に敷き詰められたしぐれ煮の3種類が楽しめる。漬物の野菜も箱根西麓産と、国産素材にこだわったお弁当。

横川SA「峠の釜めし」

横川SA「峠の釜めし」(1080円)。提供時間午前8時~午後5時、売り切れ次第終了

群馬県安中市にある上信越自動車道・横川SA(上下)では、9種類の山の幸を盛り込んだ「峠の釜めし」が購入できる。昭和33年に駅弁として登場した定番のお弁当は、令和になっても変わらぬ味わいだ。

また、横川SAの上り線には、かつて碓氷峠を越えていた信越本線で実際に使用されていた鉄道車両を配置したメモリアルコーナーが設けられている。ラッシュで混み合っていない時などに、レトロな雰囲気を残した客席に座ってゆったり釜めしを食べるのも楽しそうだ。

横川SA(上り)には引退した本物の鉄道車両を使ったメモリアルコーナーが用意されている