水虫、足を洗う習慣で防ごう 毎日同じ靴は履かないいつまでも歩けるための健足術(8)

日経ヘルス

2020/1/13

足をしっかり洗ったら、足に水分が残らないようによく拭く。またそのあとは靴下をはいて、足を守ることが望ましい。

「靴下は、人からうつらないためにもはいてほしいのですが、自分が白癬菌を持っている場合、家族にうつさないためにも大切です。皮膚科医では五本指ソックスがいいという意見もありますが、足の健康全体を考えるポダイアトリー(足病学)の考え方では、通常のソックスがいいとされています。五本指ソックスでは、時に糖尿病などでもともと虚血のある人の血流を妨げる可能性があるからです」(久道理事長)

ひどく汗をかいたときは、靴下を頻繁に替えることも心がけたい。また、靴もできれば同じ靴を毎日履くのではなく、しっかり乾燥させられるよう、2足を交互に履くなどといった工夫もしよう。靴の中の湿気を減らせるからだ。

(イラスト:内山弘隆)

糖尿病と密接な関係、細菌感染のリスクも

前述したが、糖尿病と水虫の危険な関係は覚えておきたい。

「糖尿病で神経障害があったりすると、水虫に感染してもかゆみを感じません。糖尿病の人が水虫を放置していると、水虫によって破壊された皮膚のバリアから細菌が侵入して、真皮や脂肪などの皮下組織に感染を起こしてしまいます」(久道理事長)

これは蜂窩織炎(ほうかしきえん)という細菌感染で、通常、感染した部位が真っ赤に腫れて痛くなったり、高熱が出たりするが、糖尿病の人の場合、その症状も出てこない。だが細菌は皮膚の奥に侵入すればするほど、体に大きなトラブルを起こす。

「糖尿病では神経障害が起きてしばしば痛みを感じなくなるので、本人の知らないうちに重症化していきます。痛みという体の緊急警報がないのは怖いことです。そしてもし細菌が筋膜まで行ってしまった場合、感染部位を広い範囲で切開しないと生命の危機にまでつながります。糖尿病と水虫はまったく別々の病気のようですが、糖尿病の人は水虫のリスクが高いなど、実は密接な関係にあるのです」と久道理事長は説明する。

自分の足も、同居している家族の足も、積極的にチェックしていくことが大事だ。

「一番注目してほしいのは、親指の状態です。親指は爪白癬の発生率が高い。神経障害がないかどうかというのも、親指に触れて確かめることです」(久道理事長)

これからは“親指フォーカス”を習慣にすることを心がよう。日々の小さな気遣いが、自分の体全体を守ることにつながる。

久道勝也さん
下北沢病院(東京都世田谷区)理事長。獨協医科大学卒業後、順天堂大学皮膚科入局。米ジョンズ・ホプキンス大学客員助教授などを経て、米国のポダイアトリー(足病学)に注目し、足を専門的・総合的に診察する「下北沢病院」を設立。日本皮膚科学会認定専門医、米国皮膚科学会上級会員。

(ライター:赤根千鶴子、構成:日経ヘルス 白澤淳子)

[日経ヘルス2019年10月号の記事を再構成]

注目記事