powered by 大人のレストランガイド

おせち料理いつ食べますか? 北海道や信越は大みそか

全国の平均では元旦から食べ始める人が多いおせち料理だが……=PIXTA
全国の平均では元旦から食べ始める人が多いおせち料理だが……=PIXTA

おせち料理や雑煮などは地方によって具材や味付けが異なることはよく知られている。が、おせち料理を食べ始める日に差があることをご存じだろうか? 北海道、新潟、長野など一部の県では大みそかからおせち料理を食べ始める家庭が多いという。

大みそかからおせち料理を食べる地域があることに気づいたのは今から7~8年前、関東圏で生まれ育った私が信州に移住して間もないころのこと。移住先でできた友人が大みそかに自身のSNS(交流サイト)に豪華なおせち料理の写真をアップし、「今からおせち料理をいただきまーす!」と書き込みをしていた。

「はぁ? 今から? おせち料理のつまみ食い?」と最初は思っていた。私が育った家庭ではおせち料理を食べ始めるのは1月1日の朝から。といっても朝は雑煮がメインなので、がっつりおせち料理を食べるのは1日の昼からである。

年末年始のスケジュールとしては大みそかの夕方ごろまでおせち料理作りに追われ、その日の夕食は軽めに食べる。「年越しそば」を食べるため、その分の胃袋のスペースを確保しなくてはならないからだ。NHKの「紅白歌合戦」を見終わったころからそばの準備を始め、夜の11時半くらいからそばを食べるというのが決まりであった。

ところが、その後も信州に住む複数の友人が「おせち料理を食べながら紅白見てます」などと続々投稿していた。私が育った文化圏からすると「おせち料理×紅白」の組み合わせなんてありえない! が、SNS内には、こうしておせち料理を「フライング」して大みそかに食べている信州人が大発生していたのである。

不思議に思い、「おせち料理、大みそかから食べ始めるの?」とコメント欄に書き込むと、「おせち料理は大みそかに食べるものでしょ?」との返事。聞けば、信州では大みそかの夕方ごろから刺し身やローストビーフなどのごちそうとともにおせち料理を食べるご家庭が多いとか。そして、この「お年取り」の宴(うたげ)が正月よりもむしろメインイベントなのだという。

ちなみに信州では豪華なごちそう+おせち料理の後にも、しっかり年越しそばも食べるそう。さすがそばの産地である。

メールマガジン登録
大人のレストランガイド