powered by 大人のレストランガイド

ウユニはキュウリ、デボラは白子 湖の塩に合う食材は魅惑のソルトワールド(36)

美しいウユニ塩湖から作られる塩は有名だ
美しいウユニ塩湖から作られる塩は有名だ

塩は採れる場所の違いによってさまざまな種類がある。ぱっと思い浮かぶところでは、海から採れる海水塩、地中で結晶した塩を掘り出した岩塩などだろう。世界各地で愛好されているヒマラヤ岩塩を代表格に、世界の塩の生産量の約6割は岩塩が占める。今回紹介するのは塩水の湖である塩湖から採れる湖塩(こえん)だ。

塩湖としてよく知られているのは、雨期に湖面に反射する空がまるで「天空の鏡」のように美しいと評判のボリビアのウユニ塩湖だ。面積は広大で、四国のおよそ3分の2ほどもあり、表面の高低差がわずか50センチメートルほどと非常に平たんなため、見渡す限りの地平線が眼前に広がっている。11月~翌4月は雨期で、この時期には湖面が塩水で覆われ、前述のような「天空の鏡」が現れる。5月~10月は乾期で、この時期に塩が収穫されている。

かつて貴族御用達の天然エステとも言われていたイスラエルとヨルダンにまたがる死海もおなじみだろう。塩分濃度は多種多様だが、死海などは飽和塩水(1リットルに330グラムの塩化ナトリウムが溶け込んでいる)状態になっているので、身体が自然と浮かんでしまう。ぷかぷか浮きながらタラソテラピー気分が楽しめるとあって、今でも人気の観光スポットだ。このように、世界各国には多数の塩湖が点在しており、特に海から離れた内陸部に住む現地の人にとっては貴重な塩分資源になっていたりする。

では、どのようにして塩湖はできあがるのか。いくつかパターンがあるのだが、まずはウユニ塩湖を例に挙げて説明しよう。ウユニ塩湖はアンデス山脈の標高3700メートルに位置する。アンデス山脈は大昔の地殻変動で海底が隆起してできたという。海水ごと持ち上げながら隆起したため、地中に海水が取り残され、一部は地中で結晶して岩塩となり、一部は氷河期の寒さで凍りつき、一部は岩や土に染みこんだ状態となった。その後、徐々に氷が溶けだして、周囲の岩塩や土に染みこんだ塩を溶かしながら流れ出てくぼ地にたまり、標高の高い位置に湖ができあがった。さらに、外部から淡水が流入する川がないため、太陽と風の力で徐々に干上がり、塩分濃度はさらに高まっていった。

メールマガジン登録
大人のレストランガイド
ラーメン・レシピ・コンテスト
注目記事
メールマガジン登録
大人のレストランガイド
ラーメン・レシピ・コンテスト