周囲が黒バッグの中、こんなカラーバッグなら、即「おしゃれな人」と覚えめでたいのは確実。新年を迎えるにあたり、この新境地、トライする価値がありです。

口部分は磁石なので、物の出し入れも実にスマート。取り外し可能なクロスボディー用のストラップがついているので、今時の自転車通勤にも便利です。 バッグ税別74,000円(コーチ/コーチ・カスタマー・サービス・ジャパン)

礼節と色気を併せ持つ大人のトートバッグ

《ダニエル&ボブ》トートのこなれ感と、ビジネスバッグのきちんと感、その両方を兼ね備えられるのが、このWハンドルのバッグ。移動中は肩掛け、訪問先では手持ちできちんとした印象と、メリハリの効いた使い勝手ができるのが女性の目からも好感度。高級感のあるレストランでは手持ちでイン、彼女のショッピングバッグを持つ際には肩掛け、と臨機応変に対応できるので、「気がきくわ……」と好印象が即アップ。

しかも、このトート、滑らかで柔らかいレザーでありつつハリ感もあるので、ポンと置いても自立し、きちんとした印象に。礼節と艶っぽいこなれ感、語らずともそんな印象を与えます。

レザーはもちろん、このバッグの品格ある雰囲気を支えているのがトスカーナの職人たちのこだわりのものづくり。バッグの高級感を支えるハンドル部分は芯地を使わず、3層のレザーを使っているので手になじみやすく、見た目の高級感もグッとアップ。バッグ税別83,000円(ダニエル&ボブ/ ダニエル&ボブ ジャパン)

男性のビジネスバッグも時代とともに、かなり変わってきました。新しい年を迎える今、新調するには良いタイミング。おしゃれ度アップで、良い年をお迎えください。

清水久美子
ファッションディレクター。大学卒業後、銀座和光を経て、婦人画報社(現ハースト婦人画報社)入社。25ans(ヴァンサンカン)編集部で活躍後フリーとなり、ラグジュアリーなスタイルを得意とするスタイリストに。男性向けスタイリングの提案、商品企画も手がける。

「女がときめく男の装い」記事一覧

SUITS OF THE YEAR 2021

アフターコロナを見据え、チャレンジ精神に富んだ7人を表彰。情熱と創意工夫、明るく前向きに物事に取り組む姿勢が、スーツスタイルを一層引き立てる。

>> 詳細はこちら

SUITS OF THE YEAR 2021
Watch Special 2022
SPIRE