powered by 大人のレストランガイド

タピオカに長い歴史あり ブーム3度目「今年の一皿」

「今年の一皿」の授賞式で。左からぐるなび総研滝久雄社長、記念品を授与した東京五輪・パラリンピックのエンブレムをデザインした野老朝雄氏、建築家の隈研吾氏、「たぴりすと。」の2人、トークセッションに登壇した長友麻希子氏と麻生雅人氏(写真提供:ぐるなび総研)
「今年の一皿」の授賞式で。左からぐるなび総研滝久雄社長、記念品を授与した東京五輪・パラリンピックのエンブレムをデザインした野老朝雄氏、建築家の隈研吾氏、「たぴりすと。」の2人、トークセッションに登壇した長友麻希子氏と麻生雅人氏(写真提供:ぐるなび総研)

食をテーマに調査・研究を行い成果を発信するぐるなび総研はこのほど、2019年の世相を反映し象徴する食として「今年の一皿」に「タピオカ」を選んだ。(「『今年の一皿』はタピオカ、各地で長蛇の列 ぐるなび」を参照)

この選定は多くの消費者が納得する結果だろう。今年は台湾の有名タピオカドリンク店が日本に上陸するなど、タピオカ専門店が各地でオープンし、どの店にも長い行列ができた。専門店以外の飲食店や居酒屋でもタピオカドリンクをメニューに入れた店は非常に多く、コンビニ各社もオリジナルのタピオカドリンクを販売しており、タピオカ商品の人気の高さを物語っている。

また、タピオカドリンクを飲むことを意味する「タピる」は、「現代用語の基礎知識 2019ユーキャン新語・流行語大賞」のトップ10に入り、「タピ活」などと一緒に使われた点も併せて、タピオカ人気がブームの域を超えて社会現象となったことがよくわかる。

今回のタピオカブームは第3次と言われている。第1次は90年代に白いタピオカの粒にココナツミルクを加えたデザートとして登場した。第2次は台湾で飲まれていたタピオカミルクティーが2008年ごろに日本でも販売された。第1次ブームではスプーンで食べていた白いタピオカが、第2次ではミルクティーのグラスの底にたっぷり沈んだ黒い粒を太いストローで飲む形態で登場した点が新しく、一躍ブームとなった。

そして、今回の第3次ブームでは、組み合わせる食材の種類が多種多様になった点が特徴的だ。かつては紅茶や抹茶などのお茶をベースにしたドリンク類が多かったが、様々なソフトドリンクはもちろん、ビールやエナジードリンクと組み合わせたり、プリンなどと一緒に食べるデザートも提供されている。

東京・神奈川に4店舗を展開しているビアカフェ「iBEER LE SUN PALM(アイビアー・ルサンパーム)」では、19年2月からタピオカにビールを合わせた「タピオカ・ザ・ネクスト タピオカビール」を販売している。

タピオカにビールとレモンゼリーを合わせ、イチゴ、パイナップル、キウイなどのシロップを加えたドリンクは、普段はビールを飲まない女性にも好まれているという。(「ビールの苦み+もちもち感 変わり種タピオカドリンク」を参照)

タピオカの原料のキャッサバ(写真提供:ぐるなび総研)

さて、タピオカがブームになっている割には、その原料に関してはあまり知られていないようだ。タピオカの原料はキャッサバというイモの一種で原産地は南米。毒性があるので、毒抜きの下処理をしてから食用に加工する。

毒抜きしたキャッサバの根茎からとりだしたデンプンに水を加えてから熱し、球状に加工したものをタピオカパールと呼び、このタピオカパールを水で戻してゆでるとタピオカドリンクに入っている、あのプリプリした状態になる。本来のタピオカパールの色は白色で、第2次、3次ブームで登場した黒色はカラメルなどで着色したものだ。

メールマガジン登録
大人のレストランガイド
ラーメン・レシピ・コンテスト
注目記事
メールマガジン登録
大人のレストランガイド
ラーメン・レシピ・コンテスト