五輪チケットまだ間に合う 公式転売や観戦ツアー活用

五輪チケットの争奪戦が、し烈を極めている。5月の1次抽選の応募者数は512万人。外れた人が対象の追加抽選にも140万人が応募した。2次抽選の結果は12月18日に発表されたが、それでも「チケットゼロ」の人は多そうだ。あきらめずチケット入手を狙うにはどんな手段があるか、具体的に見ていきたい。

まず公式販売ルートから見ていこう。2020年春に東京都内に設置される公式チケット販売所では、チケットの店頭販売が行われる予定だ。抽選ではなく、その場で直接購入する形が取られそうだ。同時期には、チケット購入者が公式プラットフォームを通して、第三者にチケットを転売できるリセールサービスも開始される見込みだ。

大会関連グッズやお土産などと観戦チケットをセット売りする「東京2020チケットプラス(仮称)」も導入が検討されている。

お金に余裕があるなら「公式ホスピタリティパッケージ」も選択肢に上る。上位シートでの観戦と専用ラウンジでの飲食サービスなどのセット販売で、最安で税別で8万円、最高価格は同635万円にもなる。現在、販売中だ。

ただ、公式販売に残る手段は入手可能性が不透明だったり、価格が超高額だったりと難点がある。わらにもすがる思いの人は、スポンサー企業のキャンペーンをフル活用すべきだろう。

決済や対象商品購入で応募可能

必ずチェックしたいのが、買い物の決済や対象商品の購入だけで応募ができるVisa、P&G、パナソニックの3社だ。なかでもVisaは、キャンペーンサイトから事前エントリーし、普段の買い物の決済方法を登録済みのVisaカードにするだけで応募が可能となる。

P&Gは日用品を中心とした対象商品を計2500円(税込み)以上購入すると1口応募できる

タッチ決済対応カードであれば、300円(税込み)以上のタッチ決済1回で1口応募が可能だ。P&Gは、日用品を中心とした同社の対象商品を計2500円(税込み)以上購入すると1口応募できる。(詳細な比較表は日経トレンディ1月号に掲載)

パナソニックは対象商品ごとにポイントが指定されていて、10ポイントで1口応募できる。10ポイントの最安商品は、エネループの充電器セット(実勢価格税込み4720円程度)だ。買い替えたい家電があれば、高額商品を購入して、応募口数を一気に増やすのも上手な手となるだろう。

パナソニックのキャンペーンは対象商品ごとにポイントが指定されていて10ポイントで1口応募できる

留学支援のEF(東京・渋谷)のキャンペーンは、住所や生年月日などの情報をフォームから送信するだけ。久光製薬もクイズに答えるだけで応募できる。当選枠数は多くないが、手軽なのがメリットだ。一方、日本郵便は年賀はがきのお年玉賞品として、開閉会式や競技のペアチケットを用意している。年賀状が五輪のチケットに変身するかもしれない。

子供の作文提出で観戦ツアー応募

19年度に小学校3~5年生の子を持つ保護者必見なのは、明治の「meiji ドリームキッズ for TOKYO 2020」。子供と保護者の両方が作文を提出することで、宿泊付き観戦ツアーに応募できる。子供向けの作文テーマは「あなたの夢はなんですか?」、保護者向けのテーマは「あなたの子どもをオリンピック・パラリンピックへ連れていきたい理由」。

手間はかかるが観戦競技を選んで応募でき、テレビ番組や新聞の制作体験なども同時に付いてくるのは、他のキャンペーンには無い特徴だ。

遠方から訪れる人は、スポンサー企業が用意する公式観戦ツアーを利用するといい。クラブツーリズムでは、添乗員同行ツアーで複数の競技観戦を組み合わせたものなどを用意。7月から開始した抽選販売は第7弾まで終了しており、その内容は毎回異なる。今後も随時ツアーの販売を行う予定だ。

(発売中の日経トレンディ1月号より再構成)

[日本経済新聞夕刊2019年12月14日付]

エンタメ!連載記事一覧
エンタメ!連載記事一覧