街でも暖房の部屋でも快適に 冬の機能性インナー5選

都市部での防寒対策は難しい。日によって寒暖差があるのもそうだが、オフィスや自宅、交通機関、屋外とさまざまな環境ですべて快適に過ごすのはなかなかの難問だ。アウトドア向けのインナーには、登山など運動中は汗を吸収発散し、休憩中は体温維持と、体感温度を一定に保つ機能を内包するものがある。アウトドアメーカーの製品を中心に、街でも使える機能性インナーを紹介する。

肌をドライに保つ「寒くはない」インナーウエア


ファイントラック 
ドライレイヤーウォームロングスリーブ(税込み5940円) 
https://www.finetrack.com/shopping/products/detail-FUM0521/ 
ドライレイヤーウォームタイツ(税込み5500円) 
https://www.finetrack.com/shopping/products/detail-FUM0523/ 

登山用など高機能ウエアを発売しているファイントラックは、レイヤリング(重ね着)の考え方を浸透させたと言っても過言ではないほど、アウトドア業界での貢献度は高い。

そんなファイントラックがベースレイヤー(一番下、肌に接する)として冬季向けにラインアップしたのが「ドライレイヤーウォーム」だ。冬季向けの機能としては、オールシーズン向けの「スキンメッシュ」に比して約1.5倍の保温性能を持ちつつ、制電糸を採用し静電気を抑制する。また、かいた汗を外側のレイヤーに逃がし肌をドライな状態に保ち、抗菌防臭加工によって臭いを抑制する。

普段のアウトドアウエア、スーツなどの街着の下に着込んだ感じは「寒くない」だ。冬用タイツや保温インナーを着用すると暖かい場所では暑くて汗をかいてしまい、寒い場所に移った際に汗が冷えて寒くなってしまうことがあるが、これは汗をかくほどには暖かくならない。ほんのり暖かい着心地を実現しているので寒暖差のある都市部での着用にも適している。

安静時でも暖かく発熱するインナー


ミズノ 
ブレスサーモアンダーVネック長袖シャツ(税別2000円) 
https://www.mizunoshop.net/f/dsg-658461 
ブレスサーモアンダーロングタイツ(税別2000円) 
https://www.mizunoshop.net/f/dsg-658506 

冬場のインナー選びの難しさは、運動時、安静時どちらを基準に選ぶか、という点にもある。そして、展示会やイベントなどで屋外で誘導するスタッフなど寒い場所で激しく動く必要がない人にとっては、暖かなインナーこそ必要なものだ。

ミズノの「ブレスサーモ」シリーズのインナーウエアは、人体から自然に発散する水蒸気(水分)を吸収することで発熱する繊維「ブレスサーモ」の配合量によって暖かさが異なる。最も薄いタイプは、冬季の普段使いにも適したタイプと言える。

着ているだけで暖かさを感じるので、寒がりな人にとってはありがたい存在だろう。起床時(活動時間帯)だけでなく、就寝時に着ても良い。ブレスサーモにはブランケットや掛け布団などの寝具もあるくらいなので、体温が下がる就寝時の保温アイテムとして適している。

MONO TRENDY連載記事一覧