復活のロングブーツ 「ボリューム落差」で履きこなす宮田理江のおしゃれレッスン

ボリュームのあるアウターレッグラインをすっきり見せるロングブーツを合わせる

クラシックな装いや1970年代ヒッピー風のアレンジが勢いづくのを追い風に、ロングブーツが見直されています。ここ数年、もてはやされてきたストリートやスポーティーのテイストがやや落ち着く一方、再び注目を集めているのがレトロな着こなし。冬から春にかけてかさばりやすいアウターに、レッグラインをすっきり見せるロングブーツを合わせることで「ボリューム落差」を演出するのがポイント。そのうえ、ぬくもりもキープできる点で、頼りがいがあります。

ミラノの老舗ブランド「ETRO(エトロ)」が発表した、春を呼び込む2020年リゾート・コレクションを参考に、トレンド演出と引き締めメリットの両面で効果的なスタイリングをつかんでいきましょう。

ロマンチックなドレスをクールに引き締め

ストライプ柄とロングブーツでシャープなイメージを強調

太ベルトとロングブーツをセットで使うと、キリッと引き締まった着映えに仕上がります。どちらも黒でそろえると、さらにスタイリッシュな見え具合に。足元がりりしく映る分、服でロマンチックなムードを醸し出すスタイリングが選べます。ふんわり膨らんだパフスリーブがほんのりフェミニン。太ベルトでしっかりウエストマークして、ドレスにめりはりを加えました。たおやかさとクールさが同居して、味わい深い装いにまとまっています。

黒ベルトでウエストを締めて、裾広がりシルエットをアピール

ドレスの色を1色もらう形で、ロングブーツに取り込むと、全体のなじみがよくなります。複数の色を使った服なら、近い色をブーツに迎えやすいはず。スカーフを広げたような、マルチカラーのドレスは、ボヘミアンなたたずまい。赤や黄色をふんだんに使っているから、暖色系のブーツで合わせています。暖かいトーンの色を選んだおかげで、装い全体にポジティブなムードが加わりました。ダークカラーが増える冬にこそ、試したいカラーミックスです。

注目記事
次のページ
足首を見せて、スレンダーな「引き算」演出
今こそ始める学び特集