山伏体験やお遍路… 歴史の物語に触れる日本遺産10選

歴史ある街並みや史跡、伝承を共通テーマでつなぐ「日本遺産」。

ストーリー(物語)として地域の魅力を国内外に発信する。

専門家14人に、お薦めのスポットを聞いた。

■1位 出羽三山(山形県) 590ポイント
自然への畏敬の念 抱く
松例祭の松明行事

【認定を受けたストーリー名】 自然と信仰が息づく「生まれかわりの旅」~樹齢300年を超える杉並木につつまれた2446段の石段から始まる出羽三山~

月山が過去、羽黒山が現在、湯殿山が未来を表す修験道の地。三山を巡ることが生まれ変わりの旅とされ、「山岳信仰を通じ、自然への畏怖や共存の文化に接することができる」(羽生冬佳さん)

羽黒山参道入り口の随神門をくぐると神域に入る。数百本の杉並木の苔(こけ)むした石段を歩くと国宝の五重塔も。「日本で最もスピリチュアルでユニークな場所」(ステファン・シャウエッカーさん)。訪日客は山伏修行体験への関心が高い。

羽黒山山頂には三山を詣でたことになる三神合祭殿があり、年越しで松例祭が行われる。大松明(たいまつ)行事では、たいまつの燃え具合などで豊作や豊漁を占う。月山と湯殿山は冬季閉鎖中

(1)写真の場所と行き方 五重塔はJR鶴岡駅からバス約35分、羽黒随神門から徒歩約15分。羽黒山頂まではバス約45分(2)紹介サイト https://nihonisan-dewasanzan.jp/

■2位 四国遍路(徳島県・高知県・愛媛県・香川県) 570ポイント
全長1400キロ 自分と向き合う
夜明けの遍路

「四国遍路」~回遊型巡礼路と独自の巡礼文化~

弘法大師・空海ゆかりの88の札所を巡る道は全長1400キロメートル。笠をかぶってつえを手に、険しい山道や静かな海辺を歩くお遍路さんの姿は四国の自然に溶け込む。

国籍や宗教関係なく誰もができて、各人のペースで巡礼できる。「お遍路さん同士の交流や、食事をふるまってねぎらう四国特有の『お接待』文化を是非体験してもらいたい」(内藤桂子さん)。「巡礼は世界共通。何回かに分けて巡ってもよく、地元との交流も面白い」(久保田美穂子さん)

聖地を目指す海外の往復型の巡礼とは少し異なるが、「巡礼になじみの深い欧州からの注目が集まっている。自分自身を見つめ直すきっかけになるのが魅力」(池田良孝さん)。自分の心と向き合う旅を求めて人々が集う。

(1)大岐の浜(高知県)は土佐くろしお鉄道中村駅からバス約40分(2)https://www.seichijunrei-shikokuhenro.jp/

■3位 鞆の浦(広島県) 455ポイント
静かに流れる時間を体感
鞆の浦で古い家屋が立ち並ぶ重要伝統的建造物群保存地区

瀬戸の夕凪(ゆうなぎ)が包む国内随一の近世港町~セピア色の港町に日常が溶け込む鞆(とも)の浦~

夕暮れ時にともる街のシンボル「常夜燈(とう)」の光、石積みの防波堤「波止」や船着き場の役割を担った石段「雁木(がんぎ)」。近世日本の風情が残る港は「昔と変わらない風景の中で静かに流れる時間を体感できる」(清水暁さん)。

かつての豪商の屋敷や町家が並ぶ路地も魅力的だ。「美しい街並みや石畳の小道に引き付けられる。フォトジェニックで多くの人の心を打つ場所」(ジェフ・デイさん)

鞆の浦生まれの薬味酒「保命酒」、名産のタイや小魚「ねぶと」を味わうのも一興。映画のロケ地にもなり、ファンも訪れる。

(1)鞆町伝統的建造物群保存地区、JR福山駅からバス約30分と徒歩約10分(2)https://japan-heritage.bunka.go.jp/ja/stories/story065/

■4位 北総四都市(千葉県) 445ポイント
武家屋敷や旧宅 江戸感じる
伝統的建造物群保存地区となっている佐原の街並み

北総四都市江戸紀行・江戸を感じる北総の町並み―佐倉・成田・佐原・銚子:百万都市江戸を支えた江戸近郊の四つの代表的町並み群―

「成田空港から近く、江戸を体験できる場所が多い」(市川拓也さん)。各地の見所は城下町の佐倉が武家屋敷や庭園巡り。門前町の成田は成田山新勝寺。利根川水運の商都だった佐原では蔵のある街並みや祭りの山車(だし)、伊能忠敬の旧宅。漁港町の銚子ではレンタサイクルで磯巡りができる。佐倉では侍装束で武芸体験ができる「サムライ散歩」も(要予約)。

(1)佐原伝統的建造物群保存地区、JR佐原駅から徒歩約15分(2)https://hokuso-4cities.com/

■5位 北前船寄港地(北海道~大阪府) 440ポイント
交易が生んだ文化に思いはせ
青森・野辺地町「常夜燈公園」の常夜灯と復元船

荒波を越えた男たちの夢が紡いだ異空間~北前船寄港地・船主集落~

北海道から日本海、瀬戸内海を通り、大阪までを結ぶ航路は江戸時代の経済を支えた大動脈で、北前船は巨額の利益を上げた。点在する港町には豪壮な船主や商人の屋敷跡が残っている。「船による交流で食文化や伝統芸能が運ばれ、形を変えて根付いた。海で世界がつながっていると感じられる」(森岡順子さん)。歌い継がれる民謡や祭り、昆布だしの文化。地域を越えた共通点が多い。

(1)常夜燈公園(青森県野辺地町)、青い森鉄道・JR野辺地駅から徒歩約30分(2)https://www.kitamae-bune.com/