年末の帰省土産どうする 東京駅の限定スイーツ10選

今週末には帰省という人も多いだろう。誰もが頭を悩ますのが帰省する際のお土産だ。選ぶなら、おいしさはもちろんだが、話題性のあるものを提供したい。2019年は限定、コラボレーション、新感覚のキーワードを盛り込んだ小さめのパーソナルギフトと呼ばれるものが主流だという。東京駅編、羽田空港編の2回にわたり、帰省に持っていきたい話題のスイーツを紹介する。

今回は東京駅編。大丸東京店、グランスタ、エキュート東京、エキュート京葉ストリートそれぞれの担当者に注目スイーツを聞いた(商品の価格はすべて税込み)。

大丸東京店の人気はチョコレート系

東京駅八重洲北口改札の前、開店前から多くの人が並ぶ、大丸東京店。スイーツは1階と地下1階にある。冬のお土産で人気があるのはチョコレート系。「開店と同時に列ができるショップもあります。チョコレート系のスイーツもいろいろあります」と、大丸東京店 和洋菓子担当サブマネジャー杉山陽子さんは話す。

●チーズスイーツ専門店の新感覚スイーツ、飲むチーズ

大阪で人気のチーズスイーツ専門店、ウメダチーズラボをプロデュースしたMON・CREVEの新スイーツブランド「青山フロマージュ」が、1月7日までの期間限定ショップとして登場し、新作スイーツが並ぶ。注目は新感覚の飲むチーズスイーツ「クレームフロマージュ」。振って飲むタイプのドリンクで、振る回数によって違う食感が味わえる。

飲むチーズスイーツ、青山フロマージュ「クレームフロマージュ」(1個、648円、要冷蔵)。1階ほっぺタウン和洋菓子イベントスペースにて1月7日まで
カマンベールチョコレートクリームをゴーダチーズ味のチョコレートで閉じ込めた菓子。青山フロマージュ「フロマージュリッチ」(5枚入り1080円など)。芳醇(ほうじゅん)なチーズの風味を楽しめる

●インスタ女子に人気、ソース溶け出すバラのチョコレート

バラのモチーフで知られるチョコレートショップ、メサージュ・ド・ローズから12月26日に新作「パニエ」が登場。紅茶、ラズベリー、ビターの3種類の小さなバラのチョコレートが詰まったギフトだ。それぞれ風味豊かなソースが溶け出してリッチな味わい。パッケージもエレガントでインスタ映えする。女性へのお土産にぴったりだ。

メサージュ・ド・ローズ「パニエ」(24個入り、1512円)。1階ほっぺタウンにて12月26日から販売

●ブルーハーブティーから生まれたラングドシャ

東京カンパネラのコンセプトカフェで人気のブルーハーブティーから着想を得て生まれたラングドシャ「ブルーメルティンサンド」。ひと口かじると、バタフライピーという青い花が咲くハーブをブレンドした、天然ブルーのハーブティーソースがあふれだす。「今夏登場して以来、人気のスイーツ。雪の結晶模様と深みのあるブルーの冬季限定パッケージで衣替えしました」(杉山さん)。

東京カンパネラ「ブルーメルティンサンド」(8個入り、1200円)。1階ほっぺタウン
MONO TRENDY連載記事一覧
注目記事
次のページ
改札内だけでも90店舗以上のグランスタ
MONO TRENDY連載記事一覧