装いの手本 トヨタ社長「洗練」資生堂社長「清潔感」国際ボディランゲージ協会 安積陽子代表理事に聞く

2019/12/20

「清潔感」でずばぬけている魚谷資生堂社長

――ビジネスパーソンは、皆がみなトップではありません。ナンバー2以下の見本となるような人はいませんか。

トヨタ自動車の友山茂樹副社長は色目をシックに押さえ「副社長のファッションかくあるべし」と高い評価
「ノータイ姿の友山副社長は、振る舞いに抑制を利かせて、きりっとした話し方、ムダのない動きで切れ味を印象づけています」(安積さん)

「同じトヨタ自動車の友山茂樹副社長は、色目をシックに押さえて自身の立場を前にしたり背後に引っ込んだり絶妙ですね。小柄、痩身ですがスリーピースのスーツで、厚みがない分をうまく重厚感に変えています。着方によってスリーピースは厳か過ぎたり、時にはいやらしく見えたりしますが、友山氏にそれらはありません。副社長のファッションかくあるべし、です」

――友山氏はノータイ姿も見かけますね。

「ドレスアップは簡単ですがドレスダウンは難しいものです。カジュアルスタイルの時は、ともすると軽薄な印象を与えてしまいます。友山氏は振る舞いに抑制を利かせて、きりっとした話し方、ムダのない動きで切れ味を印象づけています。特にアイコンタクトを取るのが上手で、態度で相手に対する誠実さを表現しています」

――国際基準の身だしなみを得るまでに、いくつもの課題がありますが、最も重要なポイントは何でしょうか。

資生堂の魚谷雅彦社長から学ぶべきは抜群の清潔感
魚谷社長はノータイのときに襟が広がったり寝ないようにしているという

「清潔感です。この点でずば抜けているのが資生堂の魚谷雅彦社長です。白いシャツに赤色かピンクのネクタイがトレードマークで、資生堂カラーのレッドを意識しています。白いところを徹底的に白くしています。一番濁りやすいのは目です。口元や歯も一番視線が行く部分です。少しでもくすんでいてはいけないという思いから、魚谷社長は、欧米のエグゼクティブなみ基準で清潔感を実現させています」

――魚谷社長は日本コカ・コーラなどの経営にも携わった「プロ経営者」です。

「魚谷社長の基本はダークネイビーのスーツです。資生堂のユーザーである女性は、きらきら輝いたり、光沢のあるものが好きです。つややかなシルクのイタリア生地のスーツと推測しています」

「魚谷社長で見習いたいのは、ネクタイを外したときのスタイルです。襟が広がったり寝てないようにしています。襟の形や長さも、ネクタイを締めなくとも首元がキリッと締まって見えるように注意を払っています。ノータイの時は必ずより華やかなポケットチーフを入れてダークネイビーのスーツが重たくのっぺりしないように見せています。1つ引いたら1つ足してバランスを取っており、抜かりがありません」

夏の装い直前講座
Watch Special 2020
Fashion Flash
次のページ
ネイビーを基調に装い統一 正統派の服部セイコーHD会長
夏の装い直前講座
Watch Special 2020
Fashion Flash