日常に特別感ふき込む 栗のケーキや世界のはちみつテルモ 松井梨紗さん

ビジネスシーンで誰もが一度は頭を悩ませる手みやげ。大事な仕事相手に贈る手みやげを、企業の秘書たちはどのように選んでいるのか。テレビ東京「Newsモーニングサテライト」のシリーズ企画「三つ星手みやげ」。第39回は、血管内治療に使うカテーテルから家庭向けの体温計まで医療用機械器具を手がけるテルモの松井梨紗さん。

松井梨紗さん

信頼できる機器を通して医師や患者が命を実感することがあるように、彼女の周囲はその気配りによってちょっと特別な時間を味わう。佐藤慎次郎社長が社員の声を聞く定例のランチ会は松井さんが調整役。社内の話題や各部署の繁閑などを意識して出席者を選び、控えめな進行役も担う。佐藤社長は「松井さんがキーマンとしてうまくアレンジしてくれる。有意義な1時間を過ごせる」と喜ぶ。

手みやげに選ぶのも「相手に特別感が伝わるようなもの」だ。お気に入りの1品目は、京都府福知山市に本店をかまえる足立音衛門のパウンドケーキ。国産、トルコ産、チリ産の3種類の栗が使われ、食感と風味の違いを楽しめる。大きな栗の粒が浮き上がった見た目もインパクトがある。

2品目はラベイユ(東京・杉並)のはちみつ。世界11カ国、80種類以上のはちみつを取り扱う専門店で、商品には産地や味の特徴、おすすめの食べ方を記載したプレートがついている。松井さんが紅茶が好きな人に贈るのは、スペイン産レモンとイタリア産サクランボの花からとれた2種類のはちみつのセット。紅茶に入れると「砂糖とは違ったコクのある風味を味わうことができるので、プチ贅沢(ぜいたく)なひとときを過ごしてほしい」という。映像でお楽しみください。

国産、トルコ産、チリ産の3種類の栗を使用

足立音衛門
栗のテリーヌ

1本 4250円(税別)
https://www.otoemon.com/
レモンやサクランボの花から集めたはちみつも
ラベイユ
紅茶好きに向けたセット

4550円(箱代込み 税別)
https://shop.labeille.jp/

これまでの記事は、「秘書が選ぶ三つ星手みやげ」からご覧ください。

MONO TRENDY連載記事一覧